こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ほんとうの花を見せにきた

4.6 4.6 (レビュー3件)
著者: 桜庭 一樹
定価: 1,512 円
いいね!

    「ほんとうの花を見せにきた」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      植物性吸血鬼バンブーとの許されぬ友情物語

      違和感(;´д`)
      なんか桜庭さん、力が抜けすぎ?
      殺人や女装や、なんだか根の暗い童話みたいなテイストなのかと思って読み進めていくけれど、主人公は時が流れ、大人になってしまう。

      中途半端に不思議を醸し出していて自由すぎて(?)読めない展開ではあったかも。
      そういう意味では読んで楽しかったけれど...。

      妙な感じが持ち味っていったらその通りなのだろう。
      こういう感じの作品で調子にのってもらうとイヤな感じがするなぁと、ちょっと思いましたよ

      (Amazon解説)
      竹から生まれた吸血種族バンブー。固い掟で自縛し、ひっそりと暮らすバンブーが、ある日、人間の孤児を拾った。禁じられた絆の物語。
      少年「梗」を死の淵から救ったのは、竹から生まれた吸血鬼バンブーだった。心優しきバンブーと、彼に憧れる梗との楽しくも奇妙な共同生活が始まる。だが、バンブーにとって、人間との交流は何よりの大罪であった。
      >> 続きを読む

      2018/09/02 by

      ほんとうの花を見せにきた」のレビュー

    • 評価: 5.0

      メディアで稲垣吾郎さんが紹介されていたので読んでみました。

      桜庭さんの本は他のを読んでそこまで好きな作者さんではなかったのですが、ファンタジー設定、でもどこか物悲しいでも愛おしい素敵なお話でした。
      三作入っているのですが最後にまた繋がってもう一度読み直してしまいます。とても読みやすくもっとこのお話を読みたかったと思ってしまいました。

      2015/03/21 by

      ほんとうの花を見せにきた」のレビュー

    • タレントさんがオススメしている本、私も意外と気になってしまいます。実際に読んだことはあまりありませんが、やはり良い本との出会いもあるんですね♪ >> 続きを読む

      2015/03/21 by ただひこ

    • 評価: 5.0

      竹から生まれた吸血鬼・バンブーと人間を描いた三編からなる連作短編。
      家族を殺され一人隠れていた少年は吸血鬼・バンブーの男に助けられ、2人の優しいバンブーと暮らすことに…「ちいさな焦げた顔」
      はぐれバンブー茉莉花と暮らしていた少女・桃。その時の約束は…「ほんとうの花を見せにきた」
      中国の奥地で暮らす一族の平穏な暮らしが破られようとしていた。更に奥地へ行くという中で、川を下り外へ出ようとする一派に王女は一緒に行こうと思う…「あなたが未来の国に行く」

      ◆桜庭さん版の『ポーの一族』ってところでしょうか。
      心優しく、厳しい独自の法律をもつバンプーと人との物語は、美しくも物悲しく心に残る作品でした。
      特に一作目の「ちいさな焦げた顔」がとても好きです。
      家族を殺された少年・梗ちゃんと彼を育てるムスタァと洋治のバンプー。
      それはバンプーの法に背くものでありながら、命という火を二人は愛したのです。
      その生活も物語もどこかおとぎ話のような美しさがあります。
      冒頭の家族の殺害されたシーンが残虐とまでは言わないけど、人の醜さがあるゆえに、より美しく感じたのかもしれません。
      ぼくのバンブーという言葉がなんと甘く響くことでしょう。
      バンプーとともにいつまでもありたいと願った少年の話に対し、表題作はバンプーから離れ成長しようとした少女の物語をはぐれバンプーの視点から描きます。
      なのでより成長するということ、変化するということに意識します。
      成長することが火であり、成長しないバンプーは愛おしく思うのかもしれません。
      そして最後の話はバンプーの物語。時系列的には一番古い話になります。
      そしてある意味バンプーでありながら変わろうとした王女の話でもあるのでしょう。
      バンプーの厳しい法はここに原点があり、それはやはり愛情が形になったものなのだと思います。
      どれも愛しさのあふれたとても美しい話でした。もっとこの話読んでいたいわ~。
      >> 続きを読む

      2014/11/06 by

      ほんとうの花を見せにきた」のレビュー

    • >もっとこの話読んでいたいわ~。

      こんな風に思える本なんですね☆
      桜庭作品も読んだことないので一気に興味が湧きました。
      最初に読む時はこの作品からにしようかなと思いました!
      >> 続きを読む

      2014/11/07 by chao

    • chaoさん>
      桜庭作品は読み手を選ぶものもあるので、これは最初に読むのに向いていると思います。
      『ポーの一族』とか好きならなおOKです。
      >> 続きを読む

      2014/11/07 by むつぞー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ほんとうの花を見せにきた | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    寄居虫女 (単行本)

    最近チェックした本