こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

標的

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 真山 仁
いいね! ayama

    「標的」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      真山仁さんの書籍です

      登場人物は、政治家、新聞記者、検事です。それぞれが責任感やポリシーを持って語っています。

      □ 敵を作らず、些事にこだわらず、その心持ちまさに行雲流水の人物こそが、総理にふさわしい。
      □ 新聞社の正義とは、俺たちが気に入らないやつらをつぶすときに使うものなんですよ
      □ 我々国家公務員の仕事は国益を守ることにあります。では、検事の国益とはなにか--社会正義を守ることです。


      最後の方で、検事はこのような事を言っています。
      □ 今の日本社会を見ていると、身の丈に合った生活という価値が失われつつあると思います。しかし、その価値観を身につけて初めて、それぞれの豊かさの意味合いを知るのではないでしょうか。それが一番幸せな人生なのかもしれないと思っているんです。

      □ 人は誰でも失敗するものなのです。問題は過ちを素直に認め、再起を期することではないんでしょうか。


      私は「身の丈に合った生活」というWORD とても気になりました。
      >> 続きを読む

      2017/11/23 by

      標的」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    標的 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本