こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

Mr.トルネード 藤田哲也 世界の空を救った男

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 佐々木 健一
いいね!

    「Mr.トルネード 藤田哲也 世界の空を救った男」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

       「ショックです。日本で彼の存在があまり知られていないなんて。・・・(略)」

       この本の冒頭は、このように始まっています。日本で知られていない氏の名前は藤田哲也。竜巻を観測しつづけ、竜巻とは違う何かであったであろうダウンバーストを最初に確認した人です。

       アメリカでは竜巻が多発します。そして数年に一度大きな飛行機事故が起きていました。その原因を突き止めたのが藤田。藤田はダウンバーストを観測し飛行機事故の原因を突き止め、飛行機事故を激減させた功績でアメリカで有名です。

       藤田は、企救郡中曽根で生まれ、苦学して小倉中学(現小倉高校)を卒業しました。その後、現九州工業大学で教職につき過ごしました。この時点では物理の先生でした。苦学の影に周りの人たちの助けがあったことが書き出されています。

       戦後、広島長崎の原爆調査に参加。調査の写真には、悲惨な情景は写し出されていませんでした。学術的に意味のある写真しか撮っていなかった。情緒に訴えること無く、学術的に資料効果の高いものを求めた結果なのでしょう。

       その後、背振山での観測が認められ、かのシカゴ大学に招請されました。私の知るシカゴ大学は、ノーベル賞学者を多く排出し、グローバル経済を推し進めるシカゴ学派と呼ばれる経済学者ばかりだと思っていましたが、様々な研究者を擁し、認められれば待遇は凄いそうです。藤田はビルの一フロアを与えられていました。

       藤田は日本語訛りの英語だったといいます。どういうものが想像できませんが、それは当然北九州よりの日本語訛りでしょう。

       自分で計算尺を作り、気象観測をする学者として当時(今も?)珍しい存在でした。手が器用で必要なものは、なんでも自分で作ったそうです。物づくりの地元に強く繋がる印象を持ちます。

       本当は、日本に帰りたかったらしいのですが、日本では研究がままならないので、国籍を変えてでも研究を続けようとした様が読み取れます。気象情報は国家機密。国籍を変えないと研究に支障をきたしたのでしょう。日本は研究に適してないのかと思うととても残念です。

       幼少の頃、曽根干潟で潮の満ち引きを体験して引力の凄さを実感し、アメリカに発つ前、現在は都会になり見ることの出来ない故郷の自然豊かな中曽根の風景を写真に収め、それ励みにしました。

       弟が亡くなった時、こう弔事を送りました。「哲也はアメリカに骨を埋めることはありません。両親、碩也(弟)、妹が無言で待っている中曽根に必ず帰りますので、再会の日を静かにお待ち下さい。」地元を強く愛していたことが伺えます。企救郡中曽根の豊かな自然のなかで生活し、自然の営みの凄さを感じ、科学者をこころざし、父親を亡くし進学を諦めかけた藤田に多くの人が救いの手を伸ばし、藤田は学術に邁進した。これほどの地元の誇りはなかろう。

       藤田は1942年から現在の九州工業大学で教鞭をとっています。本には書かれていませんが、日本に初めてアメリカのB29が空襲した1944年から1945年には北九州にいました。地元での空襲を実体験として持っていたのかもしれません。戦後、広島長崎の調査。原爆は上空530mで爆発するように設計されていました。それが一番被害を与えることが出来るからです。藤田は放射線状に倒れた樹木から正確に原爆が爆発した高さを割り出しました。樹木は上から押し付けられるように倒れていたのです。そしてそれがダウンバーストの観測に役立ったのかもしれません。

       藤田はアメリカでダウンバーストを発表した時、学会は半信半疑でした。学会で認められるにはそれなりの過程を辿らないといけません。藤田は事故を無くしたいという一心で学会に立ち向かいました。それは地元であった空襲、広島長崎を調査し、本や論文には出てこない多くの不幸を背負っているのではないか、そしてそれは藤田にしか解決することできなかった。戦争で被災にあった国の学者が、原爆を落とした国の飛行機事故を必死に防ごうとした。とてつもなく大きな運命、因果を感じます。本を読んで、北九州の人なら、これに気が付かないといけないとすら思います。

       藤田はいま、地元で家族と静かに眠っています。

       藤田の足跡はちゃんと北九州にも残っています。平尾台の藤戸洞という鍾乳洞。これは中学の時、藤田が発見した鍾乳洞です。どこまでも地元に立脚している世界の藤田だと思います。

       冒頭の「ショックです。日本で彼の存在があまり知られていないなんて。・・・(略)」それは地元北九州に対して言われているようです。
      >> 続きを読む

      2018/03/18 by

      Mr.トルネード 藤田哲也 世界の空を救った男」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    Mr.トルネード 藤田哲也 世界の空を救った男 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本