こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

死の島

2.0 2.0 (レビュー1件)
著者: 小池 真理子
いいね!

    「死の島」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 2.0

      小池真理子さんの作品は長編は大体全部読んでいるし、短編も沢山出ていて、結構読んでいるし、すべて把握はしていないんだけども、自分の認知は、初期の小説は推理的、中期、全盛期は恋愛や不倫系、で、今の後期が死や病気系みたいな。個人的に大まかですが。。。

      で、やっぱその作品のカテゴリーも本人の経験だったり環境だったりの影響はあると思う。もちろんフィクション作品であれど。三島由紀夫の描写の影響もあるだろうし、音楽の取入れ方だったりと・・・

      で、

      やっぱ小池さんの自身の年齢的な事やら不安やらも作風に出ていると今回の作品に関しても思った。

      ただネタバレになるかもわからないけど、こういった死の終わり方というか選択は好きではない。

      過去に、不倫系で「虹の彼方」だったか、むごい終わり方だったけど、まっあくまで作り物って事でまっ「おもしろかった」としたけども。。。

      まっあまり向きにならずに、娯楽として距離とった読書をとも思うしね~

      もちろん技術的な独特の美しき描写だったりその辺のスタイルの確立はもうあるのでさすがだとも思うしね。

      ただ個人的に内容というか、死に対する向き合い方が好きでないという部分も感想としてでかいかな。。。
      >> 続きを読む

      2018/04/01 by

      死の島」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    死の島 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本