こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ネオサピエンス 回避型人類の登場

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 岡田 尊司
定価: 1,540 円
いいね! Mika_S

    「ネオサピエンス 回避型人類の登場」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      ITやバイオテクノロジーが与える社会の影響についての本は色々読んできましたが、まさかそれに適応した新しい人類が生きやすい世の中になったことによって、ますますITとバイオテクノロジーが加速するという可能性があるとは…
      というより、実際加速しているように見えます。

      今まではITやバイオテクノロジーの発展による心配だけで、私たちがとある国のようにすべてを管理されるような社会に対してもつ反発や、クローン人間などをはじめとして何もかも人が関与することに対しての懸念がある程度歯止めのなるかもしれないという希望もありましたが、その私たち自体が新しい人類に変容していってしまうのなら、この先どうなるか全く分からなくなってしまいます。

      今ならサイボーグ化する人間とか、身体を捨ててデジタルの中で生きるとか聞けば気持ち悪いFSと思う人が多いと思いますが、新しい人類はむしろ「人間味」というものから離れているのでそのような世界を歓迎するのではないでしょうか。

      最後の方は著者が想像するSFチックな未来のお話になっていますが、今まで現実的な内容の本から受けた印象と大差ないいように思えますし、色々な本を読んだり勉強してきただけに、「こんな映画みたいなことにはならないでしょー」と楽観視できる自分は全くいません。
      危機感しか感じないです。
      >> 続きを読む

      2020/05/23 by

      ネオサピエンス 回避型人類の登場」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ネオサピエンス 回避型人類の登場 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本