こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

親の「ぼけ」に気づいたら

カテゴリー: 内科学
定価: 788 円

親が痴呆性疾患にかかったらどうすればよいか、という視点から、初期の症状、医療機関の探し方、当人を受診させる説得の仕方、治療法の実際、症状の進み方、失禁や徘徊への対処法などについて詳しく具体的に答えます。著者は老人医療のスペシャリスト。早め早めの処置をすれば改善することも進行を遅らせることもでき、病気を正確に知ることで周りも合理的な介護ができる、と説きます。身内に痴呆性疾患のお年寄りやその予備軍を抱える人は必携です。

いいね!

    「親の「ぼけ」に気づいたら」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    オヤノボケニキズイタラ
    おやのぼけにきずいたら

    親の「ぼけ」に気づいたら | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本