こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

容疑者Xの献身

4.2 4.2 (レビュー15件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 660 円
この書籍に関連するページ
第3回 本屋大賞 / 4位

天才数学者でありながら不遇な日日を送っていた高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな想いを寄せていた。彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、二人を救うため完全犯罪を企てる。だが皮肉にも、石神のかつての親友である物理学者の湯川学が、その謎に挑むことになる。ガリレオシリーズ初の長篇、直木賞受賞作。

いいね! masa920 fireman tefutefu ooitee Tukiwami akino

    「容疑者Xの献身」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      伏線の張り方が見事です。何気ない風景を描いた冒頭が、ラストでピタリ繋がって、ゾクッとしました。作者はすべて計算しているのですね…。容疑者目線で描かれているので、結末で大きなどんでん返しはないと思っていましたが…いい意味でやられました。読み終わってからも、何度も読み返したくなる作品です。東野圭吾さんのファンになりました。

      2019/03/11 by

      容疑者Xの献身」のレビュー

    • 評価: 5.0

      ガリレオシリーズ第3弾であり初の長編。

      とにかく本自体が売れに売れまくった作品であり、東野さんに直木賞までもたらした。

      数学者の石神が住むアパートの隣で起きた殺人。
      それには靖子と娘が関わっており、石神は刑事の手から逃すため策略を講じる。
      一方石神は湯川と同じ帝都大学のOBであり、二人は久々の再会を果たす。

      トリックにしても動機にしても常人では予想しえない領域に。
      それはもちろん石神という男の天才ぶりと献身に他ならない。

      数式のように組み立てられた完全犯罪を破るのは、愛情であるというラストが非情な程切ない。
      湯川というより石神が主役のように感じてしまう。
      >> 続きを読む

      2018/11/13 by

      容疑者Xの献身」のレビュー

    • この本で東野さんのファンになりました。大好きな本です。

      2019/05/21 by miko

    • 評価: 3.0

      初めて読んだ時は、とにかく寝る間も惜しんで読み進めた気がする。

      キャラやトリック、心情。どれもこれも面白くてページを繰るのが楽しかった。

      献身とはまたいい言葉のチョイス。

      石神の最後の咆哮はすごく印象的。
      本なのにほんとに叫びが聞こえてくるような衝撃があった。
      >> 続きを読む

      2018/10/13 by

      容疑者Xの献身」のレビュー

    • 評価: 5.0

      「これほど深い愛情に、これまで出会ったことがなかった」
      全身の毛が逆立つほど、素晴らしい作品。

      2017/05/30 by

      容疑者Xの献身」のレビュー

    • 評価: 3.0

      映画をテレビで見て面白いなと感じてはいたが
      読んでみて、やはりおもしろかった。
      読んでみて何よりも愛を感じた。
      石神と湯川の友情。石神の花岡親子への愛。
      不幸な愛を含めて、愛の形が生み出した物語だなぁ

      2016/06/18 by

      容疑者Xの献身」のレビュー

    • 映画は観ています。
      とても評価の高い作品なので原作も読んでみたいと思っています。

      2016/06/19 by ice

    もっとみる

    関連したレビュー

      文藝春秋 (2005/07)

      著者: 東野圭吾

      他のレビューもみる (全3件)

      • 評価: 5.0

        何を隠そう東野圭吾のファンになったのが本作。ミステリーにはまったのもこれがきっかけ。

        映画が先だったか、小説が先だったか…今となっては思い出せないが
        どちらもいい作品。

        数学が取り柄だけの、面白みのない男。
        冷静で感情表現もあまりない。
        会話や行動から読み取れる頭のよさに好感がもてる。(というのは私の変なフェチかもしれない。)

        そんな男が垣間見せる、親友への嫉妬と、隣の母娘への愛情。

        謎がすべて解けたときには驚き、心が震えた。
        (アガサクリスティを読み慣れている友人には、答えが途中からわかって面白くなかったと一蹴されたが…)


        結末は、こうでなければいけなかったのだろうという思いと
        それでも、主人公に肩入れしてしまう自分がいて、かなり胸が痛んだ。
        愛情の表現は人それぞれ。どんな愛され方が一番愛されていると思うのかもそれぞれ。

        かなり前に読んだ作品だが、今思い返しても切ない。

        んー、切ない。


        私は。彼の愛し方は、間違っているのかもしれないけど。
        それでも、終始、献身的で、見返りなんか求めていなくて、美しく優しいと思った。
        >> 続きを読む

        2012/11/03 by

        容疑者Xの献身」のレビュー

      • >数学が取り柄だけの、面白みのない男。

        面白みだけが取り柄の、算数さえもおぼつかない男。

        さぁどっち!?w
        >> 続きを読む

        2012/11/03 by makoto

      • iceさん>
        ガリレオシリーズですね。
        今ガリレオのドラマを観てるんですね、そしてついに東野さんを読むのですね…!
        iceさんはどう思うのか大変興味があります☆

        makotoさん>
        すみません、二択しかないんですか…??笑
        >> 続きを読む

        2012/11/03 by chika


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ヨウギシャXノケンシン
    ようぎしゃXのけんしん

    容疑者Xの献身 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本