こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

鬼平犯科帳

カテゴリー: 小説、物語
定価: 480 円

斬り捨て御免の権限を持つ幕府の火付盗賊改方の長官・長谷川平蔵。盗賊たちには“鬼の平蔵”と恐れられている。しかし、その素顔は義理も人情も心得た苦労人であ。彼を主人公に、さまざまな浮世の出来事を描き出し、新感覚の時代小説として評判高く、テレビに舞台に人気の集まる鬼平シリーズ第一巻。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね!

    「鬼平犯科帳」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    関連したレビュー

      文藝春秋 (2000/03)

      著者: 池波正太郎

      他のレビューもみる (全2件)

      • 評価: 5.0

        読むのは三回め。

        急に思いついたのが「鬼平犯科帳をちゃんと読もう」だった。12年も前に六巻まで買っていながら、未だに第一巻しか読んでいない。再読したときにも同心と与力の区別がつかず、岡っ引きや下っ引き、中間が出てきても混乱するだけだった。何より、火盗改に対する親近感がなかった。それでもここしばらく、どういうわけか時代小説をせっせと読んでいるので、鬼平に対するハードルも少しは低くなったかもしれないと。

        今なら鬼平を楽しめるかもしれないと思って読んだ第一巻で今回気がついたのは、この巻は捕物帳というより盗賊たちの生き様を中心に描いた短編が多い。その中で、平蔵にすさまじい拷問を加えられながら、後に心酔して密偵となる粂八が今回も印象に残った。悪党が惚れ込むほどに、平蔵は格好いいのである。

        ---------------------------------------

        再読 2017年3月22日

        初めて読んだのは2006年だった。私が持っているのは2005年新装版第13刷。第1刷は2000年となっている。5年間でこれである。ならば、最近になって「決定版」が出るまでに何刷重ねたのだろう。いかに人気のシリーズかがわかる。

        第一話でまず驚いたのが拷問シーン。しかも責められた男がその後鬼平の「狗」になるからすごい。冷徹だが、罪人の子を引き取るほど人情に厚い鬼平の魅力が、この一巻だけでたっぷり味わえた。

        >> 続きを読む

        2018/11/07 by

        鬼平犯科帳」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    オニヘイハンカチョウ
    おにへいはんかちょう

    鬼平犯科帳 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本