こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

こころ・坊っちゃん

4.0 4.0 (レビュー2件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 550 円
いいね!

    「こころ・坊っちゃん」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      こころ
      主人公の青年が、師匠のように慕っている「先生」。
      その先生が、自分の若い頃に起こった出来事と、その出来事がその後の人生に影を落としてしまったことを、主人公にだけ打ち明ける話。
      謎を残したまま最後に全てを明かすような物語の流れはミステリーさながらだし、登場人物の言葉として語られる夏目漱石の哲学や考え方は、今の時代からしても先進的だと思う。


      とは言え、先生がちょっとクソ男っぽいというか、ダメ男っぽいというか。
      「頭の中で言い訳ばっかしてて行動しないから鬱になるのでは・・・」
      「あと何人アンタの不幸に付き合わせる気なんだ・・・」
      「自分の不幸に夢中になるがあまり他人を顧みなさすぎる・・・」
      とかいうツッコミが読んでる最中からバシバシ浮かんできてしまう。昔は自分もこの先生みたいな思考パターンだったから余計に気になるのかもしれない。これを読むと、その時の自分の「こころ」の強度が測れる作品とも言える。



      坊ちゃん
      夏目漱石の持つユーモアが炸裂していて、笑える作品。
      「こころ」とは対照的に、鋭い観察眼が外に向けられている。
      教師の話なんだけど、「あーいるいるこうゆう先生」などと想像がしやすいし、主人公が頭の中でつく悪態なんかも冴えてて面白い。
      100年前でも人間なんて対して変わらないんだなぁ。と思ってしまう。
      明治の文豪(というか明治の人々)に親近感を抱ける作品だと思う。
      読みやすく内容も軽いので、さくっと読めると思います。


      >> 続きを読む

      2018/03/13 by

      こころ・坊っちゃん」のレビュー

    • 評価: 5.0

      1月3日に嵐のニノがドラマをやるということでそれに間に合うように読んだ。

      坊っちゃんはすぐに読めたが、こころがとても長かった。

      坊っちゃんがとても面白くてゲラゲラ笑ってしまった。
      毒舌主人公が最高だった。

      こころはなんとも切ない気持ちになった。
      人間って弱いな…と心底思った。
      本当に弱い。
      耐えられない辛さ、生きられない辛さ。

      人間って強そうに見えるけど、こんなにも弱いんだなと思った。


      こころ…ぴったりのタイトルだ。
      >> 続きを読む

      2016/01/18 by

      こころ・坊っちゃん」のレビュー

    • 弁護士Kさん

      いろいろな文学を読みましたが私も坊ちゃんとこころ好きです。
      売れそうだから…というより、とりあえず有名な教養どころを一冊にまとめました!という感じかもしれませんね^^
      でもこの、文春文庫のは解説がそのページに書いてありとても読みやすくて気に入ってます。太宰も文春文庫で読みましたが、それもとても読みやすくてよかったです。
      >> 続きを読む

      2016/01/24 by snoopo

    • こころは読んだことがあるのですが、坊っちゃんのほうは未だ手に取っていません。こころとは違い笑いにあふれた作品なのですね!読んでみたいと思いました。 >> 続きを読む

      2016/07/04 by mhk


    最近この本を本棚に追加した会員

    9人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ココロボッチャン
    こころぼっちゃん

    こころ・坊っちゃん | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本