こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

海軍乙事件

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 550 円

昭和19年3月、パラオ島からフィリピンに向かった2機の大型飛行艇が、荒天のため洋上に墜落した。機内には古賀連合艦隊司令長官と福留参謀長が分乗していた。参謀長以下9名は一命をとりとめたが敵ゲリラの捕虜に。そして参謀長の所持する最重要機密書類の行方は...。戦史の大きな謎に挑戦する極上の記録文学。

いいね!

    「海軍乙事件」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      「海軍乙事件」「海軍甲事件」「八人の戦犯」「シンデモラッパヲ」の4編を集録。
      どれも素晴らしいが、表題作と巻末の「調査メモ」が特に心を打ちます。
      作品中の大西大隊長と福留中将。前者の「一貫して沈黙をつづけた武人ぶり」と後者の「旧海軍のエリートとしての復活」。それを綿密な取材で作品とした著者。この題材で映画が出来そう。
      しかし、著者は主観的な事は一切述べず記録文学に徹します。
      こんな武人も著者も現在の日本にはいないと思います。
      少しでも彼らを目指したいと気持ちを新たに。

      2014/08/13 by

      海軍乙事件」のレビュー

    • 1冊の本の裏には大変な量の調査と取材があるのですよね。
      それを1冊の本で読めるって改めて考えてみると、すごいことだなぁ。 >> 続きを読む

      2014/08/13 by ただひこ

    • レビューを拝見しているだけで、漂う重厚さを感じます。

      2014/08/13 by ice


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    カイグンオツジケン
    かいぐんおつじけん

    海軍乙事件 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本