こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

闇の傀儡師

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 620 円

御家人の身分を捨て、いまは筆耕稼業に精を出す鶴見源次郎。ひょんなことから斬り合いに出くわし、瀕死の傷をおった公儀隠密に、松平家へ宛てた密書を託される。紙片には「八は田と会すご用心」の文字。幕府を怨み、将軍家代がわりの時期を狙って暗躍を続ける謎の徒党・八嶽党が、老中の田沼意次と何事か謀りつつあるようだ。

いいね!

    「闇の傀儡師」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      伝奇小説的要素を加えた長編小説。

      謎の人物たちによる会話の章をはさみながら、伝奇的な要素を含む波乱万丈のストーリーが展開する大型時代小説。

      ただし、こういうふうな叙述の仕方は、作者の手に余るようで、ぎごちなさが感じられる。

      伝奇小説のような結構の大きな話も、柄にあわないようだ。 >> 続きを読む

      2017/09/13 by

      闇の傀儡師」のレビュー

    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ヤミノカイライシ
    やみのかいらいし

    闇の傀儡師 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本