こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

約束の冬

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 630 円

壊されたパテックの懐中時計の持ち主を探す桂二郎の前に、妖艶な中国女性が現われる。そしてもう一人、桂二郎を訪ねてきた若い女性は、昔別れた恋人の娘だった。一方、留美子は謎の手紙の主について、次第に手がかりを得ていく―。人は何を拠り所にして生きていくのかを問う、宮本文学の新しい傑作。

いいね!

    「約束の冬」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      妙に徳の高い人ばかりでくると思ったらテーマは日本人の民度の低下だったか…納得。確かに身近に一人でもお手本にできるようなしっかりした大人がいれば、周りも影響を受けるよなーと。
      で結局二人の結末は読めないのね。主人公は上原のお父さんだったのかしら。スピンオフ読みたい。

      2018/12/08 by

      約束の冬」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ヤクソクノフユ
    やくそくのふゆ

    約束の冬 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    ICO

    最近チェックした本