こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ツチヤ教授の哲学ゼミ―もしもソクラテスに口説かれたら (文春文庫)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 土屋 賢二
定価: 463 円
いいね!

    「ツチヤ教授の哲学ゼミ―もしもソクラテスに口説かれたら (文春文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      「わたしはあなたの顔も性格も嫌いですが、あなた自身を愛しています」と言われたら、どう思うだろうか。

      ソクラテスはこんな論を展開した。
      「人間が道具を使う時を考えればわかるように、使われる物と使う主体は別々のものである」
      「人間は身体を使う。だから、人間と身体は別々のものである」
      「身体を使うのは魂であるともいえる。だから、人間と魂は同じものである」
      「したがって、人を真に愛するということは、魂を愛するということである」
      「他の男はあなたの身体に恋しているが、それはあなたの所有物に恋しているに過ぎない」
      「私はあなたの魂を愛している」
      「だから、あなたを愛しているのは私だけだ」

      この論理はおかしいだろうか?それはまたなぜか?ということを考えていくのがこの本の内容だ。

      お茶の水女子大学の哲学の教授である土屋さんのことは、以前エッセイを読んだときに知った。
      またふざけた話をするのかと思えば、ちゃんと哲学している……。

      この論理がどうおかしいのかということを追求していくのは難しいため、最終的な結論は明示されない。
      しかし、哲学がどういうものなのかとか、普段当たり前に考えていることに疑問の目を向けさせる良書である。
      163ページと短く、専門をまだ学んでいない大学1年生向けの話で、いつもの土屋節もあるために読みやすい。

      土屋教授「僕が眠っている間にブラッド・ピットと脳を入れ替えられたとする。朝起きた時、ブラッド・ピットの脳を入れられた僕は何というと思う?」
      学生「「あれ、ヘンな東洋人になっちゃった」だと思います」
      土屋教授「違います!「急にハンサムな東洋人の顔になった。うれしい」と英語で考えるんだよ」
      >> 続きを読む

      2015/02/28 by

      ツチヤ教授の哲学ゼミ―もしもソクラテスに口説かれたら (文春文庫)」のレビュー

    • 土屋先生の自由で奇抜に見える意見もたいていは核心をついていると思い、好きで読んでいます。

      >わたしはあなたの顔も性格も嫌いですが
      イヤー、ここでソクラテスの顔も見ないでめげるかも(*o_ _)oバタッ.
      >> 続きを読む

      2015/02/28 by 空耳よ

    • >空耳よさん
      そうなんですよね。土屋先生は面白いだけじゃなくて、考えさせられるというか。
      >> 続きを読む

      2015/02/28 by しでのん


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ツチヤ教授の哲学ゼミ―もしもソクラテスに口説かれたら (文春文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚