こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

総理の資格

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 福田 和也
定価: 535 円
いいね!

    「総理の資格」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      2005年に文庫本として刊行された本。

      内容は、宰相としての資質として、多くは小泉純一郎に割かれているが、
      次の宰相として、森喜朗、野中広務、田中真紀子、そして安倍晋三の名が。

      今や、二度目のお出ましとなった、安倍晋三。

      そこには、いままさに世論を無視して押し進めようとするのは、
      すべて、祖父にあたる岸信介氏の存在がある。

      昭和35年、「安保反対」「岸を倒せ」と叫び、デモを繰りかえした中で
      戦後日本の基礎をなしたということが、今の安倍さんの自信と信念になり、
      大勢を敵に廻すことは厭わなく、メディアも大衆もすべて無視することが、
      良い政治家の証しと、権力を握り振るわないと、国を建てなおしできないと・・・。

      いずれにしても、危険な立場に、我国が置かれようとしていることは間違いないですな。

      >> 続きを読む

      2015/08/03 by

      総理の資格」のレビュー

    • >課長代理 さんへ

      まさに、「憂国」ですな。

      2015/08/04 by ごまめ

    • >空耳よ さんへ

      「亡国」になるのでは、危惧しています。

      2015/08/04 by ごまめ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    総理の資格 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本