こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

昭和天皇と鰻茶漬 陛下一代の料理番 (文春文庫)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 谷部 金次郎
いいね!

    「昭和天皇と鰻茶漬 陛下一代の料理番 (文春文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      ご自身の失敗談も交えて『昭和天皇のお食事』を著したのは、宮内庁
      大膳課で西洋料理を担当した渡辺誠氏。本書の著者である谷部氏は
      同じ大膳で和食を担当した料理人である。

      17歳で大膳課に勤めることになった経緯も綴られているが、ご自身の
      ことよりも昭和天皇のお好みや、私たち国民の目に触れないところで
      お孫様たちに「おばあちゃま」の顔をお見せに香淳皇后のことなど、
      おふたりへの敬愛が溢れるエッセイだ。

      昭和天皇が病に倒れる前に、最後のお食事を作ったのが谷部氏なんだ。
      それ以前、宮内庁が昭和天皇のご病状を発表する前から大膳課では
      食がお進みにならないことを気にかけていたんだね。

      昭和天皇の崩御後、父である昭和天皇を亡くした哀しみの中で即位さ
      れた今上陛下のお心を思うとやるせないが、大膳課の和食担当の方々
      もご病状が悪化するなかで万一の時に備え、儀式の為のお食事の準備
      をしていたのか。

      御所でも、御用邸でも、昭和天皇と香淳皇后の為のお食事を作って
      来た人たちが、その死に備えての準備をしなくてはいけないなんて
      辛いだろうなと思う。

      著者の人となりがそのまま文章になったようなエッセイで、素朴で
      温かい作品だった。

      タイトルの「鰻茶漬け」は、茶漬け用に甘辛く煮込んだ鰻で年に1~2回、
      京都から届けられていたそうだ。

      「あれ、まだある?」

      お食事にお出しして、しばらくすると昭和天皇は女官さんにお尋ねに
      なったとか。「あれが好き、これは嫌い」とはおっしゃらないが、
      こんな言葉から大膳の料理人さんは昭和天皇のお好みを把握されて
      いたんだね。

      自分が仕えるのは昭和天皇おひとりのみと決めて、著者は昭和天皇の
      崩御の年の12月をもって退官している。

      本書には書かれていない、昭和天皇と香淳皇后との思い出はもっと
      もっとあるのだろうな。それは、公にすることなく、いつまでも
      著者の胸の内に大事に抱え込まれていることだろう。
      >> 続きを読む

      2018/05/07 by

      昭和天皇と鰻茶漬 陛下一代の料理番 (文春文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    昭和天皇と鰻茶漬 陛下一代の料理番 (文春文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚