こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

司馬遼太郎対話選集

5.0 5.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 評論、エッセイ、随筆
定価: 550 円

「異民族に対して敬意と軽蔑の気持ちを抱くことは、人類共通の問題です」。どの民族にも便利な技術として受容される“文明”に対し、個別に異なり、不合理かつ強烈に排他主義になる“文化”の複雑さと危険性を見つめる最終巻。岡本太郎と稲作文明を、梅棹忠夫とソ連崩壊後の世界を、佐原真と日本人のルーツを等、計7人と対話。

いいね!

    「司馬遼太郎対話選集」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      著名な芸術家の岡本太郎氏や民族学者の梅棹忠夫氏らとの対話集であるが、岡本太郎氏との対話内容の中にあった、「東日本(特に東北地方)は馬の文化で、西日本は牛の文化であり、源氏・平氏の争いも馬文化と牛文化の争いである。」とか、「伊勢神宮は元は皇室(大和民族)の文化ではなく、黒潮に乗って沖縄の方からやってきた沖縄のシャーマニズムの影響を強く受けている…」等。
       また民族学者の梅棹忠夫氏との対話では『民族主義というのは元来大きな危険を内包している』という数々の事例を含めた内容等が特に興味深い。

      2012/02/01 by

      司馬遼太郎対話選集」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シバ リョウタロウ タイワ センシュウ
    しば りょうたろう たいわ せんしゅう

    司馬遼太郎対話選集 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本