こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

鉱石倶楽部

3.5 3.5 (レビュー2件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 700 円

放課後の理科室で古びた図鑑を見つけた少年は、不思議な夜間学級に出席する―ファンタジー短篇「ゾロ博士の鉱物図鑑」を収録。紫水晶、白雲母、月長石など数々の鉱石から生まれた物語は、葡萄狩り、天体観測、寝台特急と場面を変えながら美しく煌いている。著者秘蔵の鉱石写真やショップ案内も充実したコンパクト決定版。

いいね! panda1130

    「鉱石倶楽部」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      【口に含んだら甘やかなかほり】
       私は今欲しい物があります。それは鉱石標本。
       ネットでちょっと探してみたのですけれど、なかなか良い感じの物が見あたりません。
       木枠に入れられた鉱石標本、どこかに無いかなぁ。

       私は、鉱石のことはまったく詳しくないのですが、鉱石を見ているのは好きです。
       そう。
       鉱石を愛する文学者は結構多くいるようです。
       「鉱石派」と言ってもよいかもしれません。
       アーダベルト・シュティフターの「水晶」を持ち出すまでもなく、ドイツに多く見られるようです。
       もちろん、日本にも。
       澁澤龍彦(むしろ、彼は「貝派」かもしれませんが)、種村季弘、あるいはもしかしたら稲垣足穂も。
       はい。私も、「月派」であり、「鉱石派」にも所属しているのかもしれません。

       本書も、そんな鉱石派のお一人の手になる作品とお見受けしました。
       鉱石一つずつに、散文詩のような短い文章が添えられています。
       次のページをめくると、そのテーマになった鉱石の写真と、その鉱石にまつわるお話が書かれています。
       
       そのお話は、もちろん、「お話」なのです。
       だって、葡萄露(紫水晶のことを、ここではそう名付けています)は水分が多い鉱石で、夜露がしたたる真夜中に味わうことができたら最高であるなんていう解説なのですから。
       でも、本当にそう見えてきたりします。
       鉱石って、口に含んだら甘そうに見える物も結構あると思うのですね。
       こういうところは、クラフトエヴィング商會にも通じるものがあります。

       でも、大丈夫。写真の裏ページには、ちゃんと本当の鉱石の名前と性質が書かれていますから。

       あぁ、なんてリリカルな一冊なのでしょう。
       私は、こういう本には滅法弱いのです。
      >> 続きを読む

      2019/03/15 by

      鉱石倶楽部」のレビュー

    • 評価: 3.0

       これは鉱石がわからずとも、何かをとじこめたものが好きなら、欲しくなる。

       何かを閉じ込めた石たちは、そっと頁を開く手を待つ本のように、そっと、静かに息をひそめている。

      2014/07/10 by

      鉱石倶楽部」のレビュー

    • 鉱石のことは全然わかりませんが、ラピュタの光る石とかのシーンはワクワクして大好きです。石にも何かが宿ってるんだろうなぁって信じたくなります! >> 続きを読む

      2014/07/11 by sunflower


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    コウセキクラブ
    こうせきくらぶ

    鉱石倶楽部 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本