こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ダブル・ファンタジー

3.5 3.5 (レビュー2件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 520 円

三十五歳の脚本家、奈津は、才能に恵まれながら、田舎で同居する夫の抑圧に苦しんでいた。ある日、夫の創作への関与に耐えられなくなった奈津は、長く敬愛していた演出家・志澤の意見に従い、家を飛び出す決意をする。束縛から解き放たれた女性が、初めてめぐり合う生と性、その彷徨の行方を正面から描く衝撃的な官能の物語。

いいね!

    「ダブル・ファンタジー」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      女脚本家が外で男と交渉を持つようになったら、夫との交渉を毛嫌いするようになった、という流れが個人的に身につまされる。メールの文面とかは読み飛ばしたが、上巻はまあまあな感じかな。下巻で省吾と復縁しちゃったりすると嫌だな。

      2019/07/08 by

      ダブル・ファンタジー」のレビュー

    • 評価: 4.0

      脚本家の女性が満たされない想いを抱えて、色んな男性と交わっていくお話。
      不倫は不快だしNGだと思うが、気持ちに抗えないとか前の男性からの切り替えとか仕事に対してとか、以外にも共感は非常に多かった。
      自分勝手という捉え方も出来るが、これだけ自由奔放な人生を歩んでみたい気もする。
      自由と孤独との対比と共存が印象深かった。

      2015/10/09 by

      ダブル・ファンタジー」のレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ダブルファンタジー
    だぶるふぁんたじー

    ダブル・ファンタジー | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本