こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

イン・ザ・プール

4.0 4.0 (レビュー34件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 530 円

「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。プール依存症、陰茎強直症、妄想癖...訪れる人々も変だが、治療する医者のほうがもっと変。こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か。

いいね! chao kotaro ybook tadahiko

    「イン・ザ・プール」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      空中ブランコがおもしろかったので、シリーズ第1回目となるこの本を読んだ。こんなにメチャクチャな医者はお目にかかれないが、いたら楽しいだろうなと思う。無表情な美人看護師との組み合わせも不思議な雰囲気を醸し出している。精神的な問題を抱えた患者も、極端な話だが、なんとなく周囲にいそうだ。結果的に治っているのだから名医かもしれないな。

      2019/04/22 by

      イン・ザ・プール」のレビュー

    • 評価: 3.0

      ハチャメチャな精神科医の荒療治。

      世の中の常識や体裁を気にせず、わが道を進む姿は恐ろしくもあるけれど、少しだけ羨ましくもある‥‥かな。

      何とも滅茶苦茶ではあるけれど、最後は治ってしまう。ある意味すごい医者かも知れません。

      2018/02/10 by

      イン・ザ・プール」のレビュー

    • 評価: 5.0

      初奥田英朗作品。

      伊良部総合病院の地下で神経科を担当する伊良部一郎の元にやってくるのは様々な悩みを抱えた人たち。そのやりとりを描いた短編集。

      まず文章がめちゃくちゃ読みやすい。スラスラ読めてあっという間の巻末。
      あとはとにかく、伊良部先生のキャラが立ちすぎててヤバイw
      デブ・色白・中年・マザコン・ロリコン・独身・金持ち。。
      性格もなんというか…自由奔放。まるで5歳児がそのまま大人になったかのよう。

      患者さんの症状も個性的。四六時中泳ぎたくてウズウズしちゃうプール依存症、陰茎強直症(勃起が収まらない!)、ストーカーに尾けられていると思い込む自意識過剰、携帯依存症、いろんなことが心配で確認したくて仕方がない強迫神経症。
      みんな初めは伊良部先生のことを不審がるも、気づけば心を許していて最終的にはちょっぴりいい方向に向かうんだから不思議。

      伊良部先生みたいな医師がホントにいたらなぁ〜…と思った。(実際にいたらヤバい)
      ずっとニコニコしながら読める、癒し系の小説でした。


      >> 続きを読む

      2017/10/12 by

      イン・ザ・プール」のレビュー

    • この作品以前読みましたが、すげー医者だなぁと驚嘆と可笑しい感情が入り交じりながら読みましたね。仰る通りこんな医者がいたらやべーですよね。なんか、ちょっと好奇心で診察受けてみたいかもなと思いましたw

      世の中には荒療治という言葉があるくらいですから、こういう医者にかかるのも一興なのかもなとも思ったりしてしまいました笑笑

      因みに読みやすさに関しては激しく同意ですね。奥田さんの作品だと今「ガール」を読んでいますが物凄くさらさらと読めるのです逆に勿体なさ過ぎて敢えて積読の棚に入れて眺めていますw
      >> 続きを読む

      2017/10/12 by 澄美空

    • 澄美空さん
      コミカルというか単純に面白いですよね。
      フフッと笑っちゃう場面が多いです

      奥田さんの作品、これからいっぱい読めると思うと楽しみで仕方ないです(*´∇`*)
      >> 続きを読む

      2017/10/13 by ねごと

    • 評価: 5.0

      伊良部先生に会いたい!!

      とにかく面白かった!

      2016/09/24 by

      イン・ザ・プール」のレビュー

    • 評価: 5.0

      前回、読書ログの課題図書で空中ブランコが出ていて、読んだらとても面白かったので、他のシリーズも読んでみた。

      とても面白かった。

      伊良部先生は相変わらず謎でいっぱいだけど、とても癒されるし私も伊良部先生のように生きることを目標にしようと思った。

      色々な患者さんが伊良部先生の元に表れるがみんな彼に不安を覚えながらも半信半疑で彼と接するうちに病気が治っていくのが面白いし、精神的な病気のほとんどがそのようなちょっとしたことで発症したり治ったりするのかなと思った。

      伊良部先生は次はどんな治療方法を仕込んでくるのだろうと思うと、次がとても楽しみになる。
      >> 続きを読む

      2016/01/31 by

      イン・ザ・プール」のレビュー

    • 月うさぎさん

      お返事遅くなりました!
      伊良部先生だからこそ、こういう生き方ができるんだろうなと思います。でもやっぱりこうやって自己肯定がしっかりできる人って憧れます^^ >> 続きを読む

      2016/02/12 by snoopo

    • iattさん

      お返事遅くなりました!
      携帯中毒の少年はまさに今の時代の問題を表しているような気がします。
      たぶんこれからもそういうコが増えるかもしれませんね。。。
      >> 続きを読む

      2016/02/12 by snoopo

    もっとみる

    関連したレビュー

      文藝春秋 (2002/04)

      著者: 奥田英朗

      他のレビューもみる (全6件)

      • 評価: 4.0

        あり得ない

        そこまでやる? 

        天然? 

        意図的?? 

        強烈な個性のはちゃめちゃ精神科医は、名医なのかただの変人なのか?

        でも不思議と効果?がある。

        伊良部医師、はじめは???だったけど、そのキャラにだんだんと惹かれていくんだな・・・
        >> 続きを読む

        2013/01/15 by

        イン・ザ・プ-ル」のレビュー

      • 前略、水の中より

        元ネタ知ってる人って、いるんだろうか...

        2013/01/16 by シュール

      • 完全に伊良部先生のキャラにハマりました。
        きっと天性の名医です(笑)

        2013/02/01 by アスラン


    最近この本を本棚に追加した会員

    119人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    インザプール
    いんざぷーる

    イン・ザ・プール | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本