こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

淡路坂―養生所見廻り同心神代新吾事件覚 (文春文庫)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 藤井 邦夫
いいね!

    「淡路坂―養生所見廻り同心神代新吾事件覚 (文春文庫)」 の読書レビュー (人気順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      図書館本。シリーズ第四弾。
      表題作の「淡路坂」がとてもよかった。本書の紹介文を見て以来、この一編には期待していた。

      養生所に通ってきている足の不自由な老爺と付き添いの孫息子が、浪人二人とつるんだ御家人に斬られる。老人は絶命し、かろうじて助かった少年に新吾は仇討ちを誓う。調べるうちに御家人は手練の人斬りだとわかるが、ある旗奉行の屋敷にかくまわれてしまう。新吾は命を賭けた闘いに挑む。

      「知らぬが半兵衛」のシリーズでは半兵衛に何かとまとわりついてちょっと軽い印象の新吾が、ここにきて成長した姿になっている。母に心配をかけまいとして黙っている新吾を、母は真新しい着物を用意して送り出す。その新吾を見守るのはもちろん、白縫半兵衛であり、浅吉と弥平次や半次もつき従う。新吾をめぐる人々との絆の強さを知ることのできた一編だった。

      >> 続きを読む

      2018/08/18 by

      淡路坂―養生所見廻り同心神代新吾事件覚 (文春文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    淡路坂―養生所見廻り同心神代新吾事件覚 (文春文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本