こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

付け火―秋山久蔵御用控 (文春文庫)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 藤井 邦夫
いいね!

    「付け火―秋山久蔵御用控 (文春文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      図書館本。シリーズ第十六弾。
      順番を間違えて借りたが、第一話と第二話はいつもの久蔵の話で違和感はなかった。

      第三話「付け火」は前巻の続きで、十七歳の素直な若者太市が秋山家の新しい奉公人として迎えられることになった。太市は弥平次の船宿で船頭見習いをしていたが、連続付け火騒動で久蔵の屋敷が狙われるのを恐れた弥平次が太市に見張りを命じる。立派な活躍をした太市を与平がいたく気に入り、久蔵と香織にも望まれての奉公となった。捕物道具に興味を持ち、久蔵に使い方を教わる太市は皆に可愛がられ、今後秋山家を守る要としての活躍が楽しみ。

      >> 続きを読む

      2018/08/17 by

      付け火―秋山久蔵御用控 (文春文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    付け火―秋山久蔵御用控 (文春文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本