こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

秋山久蔵御用控 垂込み (文春文庫)

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 藤井 邦夫
いいね!

    「秋山久蔵御用控 垂込み (文春文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      図書館本。シリーズ第18巻。

      この作家さんのストーリーはどれもたいてい面白いのだが、地の文章が味気ない。脚本家出身だけあって会話文はさすがに澱みがないのだが、地の文がまるでト書きの羅列みたいだといつも思っていた。そう思いながらも、このシリーズを読むのをやめられないのは、やはり久蔵の魅力によるところが大きいのだろう。

      この巻では、久蔵の長男大助が初節句を迎える。下男の太市が節句を祝ってもらったことがないのを知った久蔵は、太市と大助の二人分の祝いを支度するよう香織に言づける。久蔵のそういう優しさが心に残る。第19巻以降は少しずつ読むつもり。

      >> 続きを読む

      2018/09/16 by

      秋山久蔵御用控 垂込み (文春文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    秋山久蔵御用控 垂込み (文春文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    ヘッテルとフエーテルのみにくいアサヒるの子