こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

逆軍の旗

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 578 円
いいね!

    「逆軍の旗」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      本屋で帯買い「2020年の大河は明智光秀」。
      4本の短編集。
      「逆軍の旗」は明智光秀。ここで描かれる光秀像も抵抗なく自分の中にすっと入ってくる。とても印象的な描写がありました。
      「二人の失踪人」、「上意改まる」は山形岩手あたりの江戸時代の話し。面白いかと聞かれるとイマイチだった。
      「幻にあらず」は、直江兼続の米沢藩治世のもっと後のお話し。その後のことは知らなかったので、先が気になるくらいには面白かった。この後はどうなるんだ?と思ったけど、晩年にもう一本書かれているそうで、そのうち読んでみたい。
      全体として、そんなにお勧めでは無いが、悪くはない、 なんて言えるほど私は偉くない。 >> 続きを読む

      2018/07/27 by

      逆軍の旗」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ギャクグンノハタ
    ぎゃくぐんのはた

    逆軍の旗 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本