こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

草の花 俳風三麗花 (文春文庫)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 三田 完
定価: 777 円
いいね!

    「草の花 俳風三麗花 (文春文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      実は、“読書ログ”に参加させて頂いて、この本が丁度400レビュー目。

      毎月10冊のペースで、読んでこられたのも“読書ログ”のおかげ。

      仕事を終えて退職した時には、今残って本棚に有る本を遡って読み返し、
      レビューを書こうと思い、今から引退後の楽しみに残しています・・・。

      まずは、500冊、目指して、新しい本、読みまくりまっせ・・・・。



      この400冊目は、先月読んでお気に入りだった三田完さんの「俳風三麗花」の続編。

      今回は、昭和10年の満州から昭和22年の戦後の東京まで、
      三人の麗花が織りなすそれぞれの恋愛とともに激動の日本が描かれる。

      永井荷風、高浜虚子、川島芳子、など時代の著名人も登場・・・。
      特に満州での暮しぶりはその当時の日本の湧き立つ世相が窺えて興味深い。

      もちろん、主人公でもある女子医専を卒業し、満州の大連へ赴任した壽子は、
      別れを惜しむお仲間との句会、大連の病院で始まった句会、
      そして三人の麗花と再開しての満州国皇帝の御前での句会・・・・

      それぞれで俳句を・・・。

      “歌は世につれ、世は歌につれ”ではないですが、
      そのとき、詠まれた句は、そのときどきの心情をあからさまに・・・・、

      俳句ってこんなにライブ感のあるものかと改めて感心。

      戦後の混乱の中で、それぞれがどう生きるのか、更なる続編、待望致しますな。e
      >> 続きを読む

      2014/04/23 by

      草の花 俳風三麗花 (文春文庫)」のレビュー

    • >たくぼくさんへ

      啄木さんに誉められて、嬉しいです・・・・。

      2014/04/25 by ごまめ

    • >makotoさんへ

      >句会よりは、蹴鞠会とかの方が楽しそうですよねー♪

      一度、園遊会あたりに御招待頂きたいものだと思っていますが、
      運動会と学芸会どまりです・・・・・・・。

      >> 続きを読む

      2014/04/25 by ごまめ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    草の花 俳風三麗花 (文春文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本