こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

悲しみのイレーヌ (文春文庫)

3.9 3.9 (レビュー10件)
定価: 929 円
この書籍に関連するページ
2018年02月の課題図書
いいね! ybook rock-man

    「悲しみのイレーヌ (文春文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 2.0

      2月の課題図書。
      ルメートル作家デビュー作で、
      カミーユ・ヴェルーヴェン警部シリーズ3部作の1作目。
      私も多分に漏れず、2作目「その女アレックス」からの読者です。
      しかしアレックスから2年半近くが経過していたため、カミーユの過去についてはだいぶ忘れていました。
      アレックスの行動はかなり印象深くて覚えているんですけどね。
      彼女は本当に魅力的で、カミーユがかすんでしまうくらいの存在感を放っていました。

      さて、本作ですが。
      読了後の感想としては、後味が悪すぎる、でした。
      アレックスを読んでいたのである程度は覚悟していたのですが、やはり描写が残酷すぎます。
      特に最後の殺人は読んでいてかなり辛かった。

      以下、ネタバレの可能性があり。









      極限状態で進んでいく後半の展開は、嫌な予感で胸がざわざわしていました。
      第一部の仕掛けにあっと驚かされましたが、それだけになってしまっているのが残念。
      第二部は読むのが辛いだけでした。
      犯人がわかってから読み返すといろんな発見がありそうなんですけどね。
      ちょっとパラパラ拾っただけでも、容姿や性格を含めた人物像の分析が詳細に書かれていたので。

      このシリーズ、残るは3部作目だけなのですが、手に取るか悩みます。
      >> 続きを読む

      2018/03/22 by

      悲しみのイレーヌ (文春文庫)」のレビュー

    • 美空さん
      たしかに、そんな曲名ありそうですね(*^▽^*)
      違和感まったくありません。笑

      アレックスも面白い作品なんですよー
      でも、やはり残酷描写が多くて。
      こちらも熟成されたら、ぜひまた挑戦してみてください。
      ダメージ受ける表現、めちゃ伝わってきますよ!
      ばっちりです!!!笑
      >> 続きを読む

      2018/03/25 by あすか

    • 豚の確認さん
      アレックスが話題になりましたからね~。
      やはり一作目から読みたかったです。
      カミーユの過去を忘れていた私が言うのもなんですが。笑

      >ピエール・ルメートルの本は印象に残ってしまうのがなんとなく悔しい気がします。
      そうそう!
      すごくインパクトありますよね。
      どちらも仕掛けに驚かされました。
      きっと3作目もそうなんだろうなぁと思うと、最後まで見届けたい気がします。。
      >> 続きを読む

      2018/03/25 by あすか

    • 評価: 4.0

      読み始めるのに勇気が必要だった。

      先に「その女、アレックス」を読んでいたので、またあんな残酷な描写が描かれていたらどうしようと、ビクビクしていた。
      そして、その反面、ユーモア溢れる登場人物たちや、予想できない怒涛の展開を読みたい衝動にも駆られる。

      いざ読んでみると、果たしてその通りになった。

      物語早々、おぞましい。

      仕事が手につかないほど気になる続き。

      そして読み終えた後の魂が抜ける感じ…。

      そうきたかー。王道と言えば王道なのかもしれないけど、よくできてるなー。

      アレックスを先に読んでしまったので、あの登場人物が出てくる度に胸が痛くなった。

      いい意味でも悪い意味でも、この人の作品は頭から離れなくなる。
      >> 続きを読む

      2018/02/23 by

      悲しみのイレーヌ (文春文庫)」のレビュー

    • 評価: 4.0

      ルメートルの作品は恥ずかしながら初めて読みましたが、結果としてはそれが良かったようで。その女アレックスは名前は知っておりましたが、読んでおらず、その方がこの作品は純粋に楽しめるようです。
      沢山死体が積み上がるなかなかグロテスクな内容ですが、とても引き込まれて、最後まで一気に読んでしまいました。なぜこの題名なのか、ずっと考えながら読んでましたが、あー、そういうことかと。
      間をおかず、ルメートルの作品を固め読みしてみます。

      2018/02/18 by

      悲しみのイレーヌ (文春文庫)」のレビュー

    • 私も感想を挙げてますが、非常に面白く読みやすい内容の本だと思います。

      2018/02/19 by rock-man

    • 評価: 4.0

      (少しネタバレあり)

      これは一気読み。先にアレックスを読んでいたので結末がわかっているのに思いもよらぬ仕掛けがあって衝撃を受けた。犯人の完全勝利。
      理不尽で不条理な扱いを受けたのはイレーヌだけれどカミーユがあれ程酷い精神的ダメージを受けた訳も充分理解出来た。
      それにしても警察内部のキャラクターやチームワークがいい。アレックスの感想の時は触れなかったけど、アルマン好きだなぁ。ルイの富豪刑事ぶりがいい対称になっている。
      でも情報のリークはマレヴァルだなぁと最初から予想出来たことと犯人の計画達成に終始してイレーヌの内面が描いてないのが残念 >> 続きを読む

      2017/11/15 by

      悲しみのイレーヌ (文春文庫)」のレビュー

    • 第三弾はまだ読んでいませんが、ナンチャラのカミーユ、やったと思いますが、うーむもう、何かのボケで、読者がツッコミ入れるのかと思ってしまいます。 >> 続きを読む

      2017/11/17 by 紫指導官

    • はい。カミーユはもう爆笑のタイトルでした。(笑)
      西城秀樹かっ?って(笑)

      2017/11/17 by ももっち

    • 評価: 4.0

      ピエール・ルメートル作家デビュー作でカミーユ警部初登場作品。  このハラハラドキドキ感は本好きには、たまらないと思います。まさかこの人が犯人! 最後まで読ませます。非常に面白い本です。

      2017/03/03 by

      悲しみのイレーヌ (文春文庫)」のレビュー

    • 最初っから騙された感が楽しいと思いました。カミーユのちっささが強調されていたのも面白く読みました。 >> 続きを読む

      2017/03/04 by 紫指導官

    • 紫指導官さんコメントありがとうございます。 本当にその通りですよね。カミーユは小さいけど責任感バツグンですよね。頭の回転も速いし。 >> 続きを読む

      2017/03/04 by rock-man

    もっとみる

    最近この本を本棚に追加した会員

    31人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    悲しみのイレーヌ (文春文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    フーコン戦記 (文春文庫)

    最近チェックした本