こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

離れ折紙 (文春文庫)

3.5 3.5 (レビュー1件)
著者: 黒川 博行
定価: 670 円
いいね!

    「離れ折紙 (文春文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      【げに恐ろしきかな骨董道楽 ((;゚Д゚)ガクガクブルブル 】
       本作は、様々な骨董品売買にまつわる悲喜こもごもを綴った短編集で、全6作が収録されています。
       裏表紙には『美術ミステリ』と書かれていますが、まあ、骨董品の真贋をめぐるお話なので、ミステリ的要素はあるにせよ、いわゆるミステリとはちょっと毛色の違う作品ではないかと感じました。

       タイトルにもなっている『離れ折紙』とは、刀剣類の特徴などが書かれた『折紙』と呼ばれる書類の中で、本来つけられていた刀剣類と離れ離れになって、別の刀剣類につけられてしまったものを言います。
       同名の短編に登場するのですが、本来折紙がついていた刀剣類を売却する際、折紙の存在が忘れられ、折紙だけが残されているような状態の時、これに気付いた者がその折紙を贋作の刀剣類につけて、あたかも真正な刀剣類のように装って売りに出すことがあるのだそうです。
       うむ、なかなか興味深い。

       本作は、このように、様々な骨董品に関する蘊蓄が満載であり、なるほどこういうことがあるのかと、その面白さでぐいぐい引っ張ってくれるのです。
       作者は、京都市立藝術大学を卒業されているそうなので、こういう骨董品に関する知識は豊富なのでしょう。
       その面白さを全面に出した、作者ならではの作風の作品と言えそうです。

       物語の展開は、どの作品も大体同じであり、欲にかられて偽物をつかまされてしまった登場人物の悲哀、その滑稽さなどが描かれます。
       まあ、怖いですよね。
       一つの骨董品に何百万、何千万というお金をポンと出すのですから、それが贋作だと分かった日には……。
       もちろん、そんな大金を右から左に払うというのは、その骨董品を何としてでも手に入れたい、その後、転売して大きな利益を出したいという欲があるからなんですけれど。

       作中に、「目利きほど贋作をつかみやすい」というセリフが出てきます。
       自身の鑑識眼に溺れてしまう、「これは本物であって欲しい」という願望が目を曇らせるということなのだそうですが、なるほどそういうものなのかもしれないと思いました。
       しかし、骨董品、美術品の売買というのは恐ろしいものでございます。
       私にはそういう趣味は無いのですが、こりゃ怖くて手が出せない世界ではないでしょうか。
       作中に登場する人物たちも、どこかこの世界はそういうものであると諦観しているようなところも見られるようで、ますます怖いなぁと感じてしまいます。

       ということで、なかなか面白く読めた一冊なのですが、一点だけ苦言を呈させていただくと、ある分野に関する事柄については少々取材不足だったのではないかと思います。
       実際にはそういう言葉は使わないとか、そういうことはしない、そうはならないという点がいくつか目に留まってしまいました。
       その分野は作者の専門ではないのでしょうけれど、その分野に携わる者から見ると間違いだという点があるのです。

       そういう点に気がついてしまうと、本作中でおそらく正しく書かれているはずの骨董品、美術品に関する蘊蓄の数々さえ、大丈夫かな?と不安になってしまうものです。
       こう考えると小説家というのも恐ろしい職業で、読者の中には色々な分野の専門家がいるのですから、そういう人たちは自分の専門分野に関して誤りがあるとまず間違いなく気付いてしまいます。
       そこは小説なんだからと大目には見るのですけれど、作品に描かれている他の分野に関する記述の信憑性についてまで疑念を招きかねないことにもなりかねないので、これは小説家というのも大変な仕事であることよと思ってしまいました。


      読了時間メーター
      □□      楽勝(1日はかからない、概ね数時間でOK)
      >> 続きを読む

      2021/03/27 by

      離れ折紙 (文春文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    離れ折紙 (文春文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本