こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

離陸 (文春文庫)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 絲山 秋子
いいね!

    「離陸 (文春文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      群馬県の八木沢ダムと、フランスと、九州を舞台にしたミステリー風小説。「風」なのは、ミステリーではないから、ひとはしぬし、謎解きもあるけれど、解決はしない。

      私はこれを福岡の書店で手に取った。
      そして東京行きの飛行機で読んだ。
      例えば離陸時の、機体がガタガタとゆれて、そのうち何事もなかったかのようにまっすぐの飛行をはじめる感じとか、外はいつでも綺麗に晴れていて、雲が眼下にさらさらと広がる感じとかが、この作品の「離陸」のイメージそのもので、飛行機で読んでよかったなと思った。

      ぜひ読むときは、飛行機のなかで。

      「うん。これはぼくだけの考え方なんだけれど、みんな最後には飛行機みたいにこの世から離陸していくんだ。ぼくやきみはまだ空港にいるところ」
      >> 続きを読む

      2017/08/28 by

      離陸 (文春文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    離陸 (文春文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本