こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」

4.8 4.8 (レビュー8件)
著者: 宮崎 駿
定価: 2,987 円
いいね! ybook

    「ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      1982年~1994年まで連載された作品一気読み!

      アニメ映画はこの原作の2巻程度の内容で、物語はまだつづいていた!
      そのへんが気になったので一気読みしてみました(図書館にあったので)
      ナウシカは「聖女」ですな。
      カリスマです。

      巨神兵のママです(衝撃w)

      (amazon解説)
      アニメーション作家、宮崎駿の名を広く世の中に浸透させた映画『風の谷のナウシカ』の原作コミック。
      アニメーション雑誌「アニメージュ」に1982年2月号から連載が始まるや、可憐だが芯が強く行動力のある女性主人公ナウシカをはじめ、「王蟲」などの巨大で不気味な蟲(むし)たちの存在、そしてそれらを取り巻く壮大で奥深い物語世界を精緻に描いて、ファンの間でたちまち話題になった。
      「火の七日間」と呼ばれた世界大戦から1000年後、地球は、毒ガスを吐き出し、不気味な蟲たちが徘徊する「腐海」と呼ばれる森に覆われようとしていた。ナウシカは、腐海のほとりにある「風の谷」の族長の娘である。ある日、風の谷に、蟲たちに襲われた1隻の商船が不時着したところから物語は始まる。それは軍事大国トルメキア王国と、それに対抗する土鬼(ドルク)諸侯国との泥沼の戦乱の始まりでもあった。ナウシカはひとり風の谷の命運を背負って、その戦いに飛び込んでいく。
      連載中に映画化が決定し、折からのエコロジーブームと絡み合って社会現象にまでなった。映画化されてからも連載は続き、たびたび中断しながら、1994年3月にようやく完結にこぎつける。実に13年も費やした大作となった。
      >> 続きを読む

      2018/08/23 by

      ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」」のレビュー

    • 評価: 4.0

      すぐ感情移入してしまう私。
      僧正様が身を挺したときとユパ様が身代わりになったときは涙が出てしまいました。

      2018/01/07 by

      ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」」のレビュー

    • 評価: 5.0

      連載開始が1982年、完結が1994年。
      本来のアニメの仕事をかかえながら12年の連載。
      その間リアル世界も大きく動く。
      ベルリンの壁崩壊。東西ドイツ統一。ソ連崩壊。続いて瓦解していくヨーロッパの共産主義国。そしてユーゴスラビア内線は物語の終盤あたりに色濃く影響していく。
      宮崎さん曰く「戦争というのは、正義みたいなものがあっても、ひとたび始めると、どんな戦争でも腐ってゆく」

      生存可能なわずかな土地を奪い合い、憎しみが憎しみを呼び、荒廃していく大地とその世界を浄化していく蟲たちとやり切れない想いに憤りながら見つけたナウシカの答えは…

      理想の名の下に予定された計画。
      腐海に覆われる世界で生きる人達はその計画の踏台でしかなかった。
      「大地と命を思いどおりにしようとした人間の傲慢が呼び寄せた災いを、また繰り返すのか?」
      すべてを破壊し、ナウシカは滅び行く世界と供に生きる道を選んだ。
      もしも、まだ大地が命が人を受け入れてくれるのなら…。

      「我々は血を吐きながら、繰り返し繰り返し、その朝を越えて飛ぶ鳥だ」

      先の大戦から現在の世界の有り様を見てきた宮崎さん。
      この言葉が胸にしみる。


      余談:守る者たちの為に血まみれの剣をかざし、気高く足掻き続ける孤高の王女、クシャナが好きだ。
      >> 続きを読む

      2017/08/22 by

      ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」」のレビュー

    • 評価: 評価なし

      持っていないし、まだ読んだこともないのですが、いま一番読みたい本になりました。先週末から、立て続けにスタジオ・ジブリの映画を見ました。「となりのトトロ」「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「魔女の宅急便」。「もののけ姫」と「千と千尋の神隠し」はインドの某所のムービー・ナイトで当時、すでに観てました。どっちだったか、日本語で英語字幕だったのでうれしかったです。

      電子書籍になっていないので、紙の本で手に入れるしかないけれど、きっとそのほうがうれしいというか……。

      高所恐怖症だし、空を飛びたいとおもったことはなかったけれど、なんだか、飛んでみたくなりました。 >> 続きを読む

      2016/05/20 by

      ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」」のレビュー

    • 評価: 4.0

      映画版しかみていない人は
      本当のナウシカをしらない。

      そういいたくなるマンガです。

      ジブリ映画のナウシカはこの漫画の第1巻くらいですね。

      あの7倍の続きがあります。
      >> 続きを読む

      2014/04/18 by

      ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」」のレビュー

    • >映画版しかみていない人は
      >本当のナウシカをしらない。

      ∑(゚□゚;)ガーン >> 続きを読む

      2014/04/19 by ただひこ

    • 原作を読んで、クシャナが好きになりました。かっこいい。

      2014/04/30 by irowa00

    もっとみる

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚