こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

拝金

3.0 3.0 (レビュー2件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,470 円

「藤田優作、君はどのくらいの金持ちになりたい?」「そうだな、金で買えないものはない、そう言えるくらいかな」「わかった。それでいこう」年収200万円のフリーター・優作はなぞのオッサン・堀井健史と握手を交わした。そこから彼の運命は大きく変わる。携帯ゲーム事業を成功させ、さらにあらゆる金融技術を駆使。瞬く間に会社は売上500億円の大手IT企業に変貌する。人はそれを「ヒルズの奇跡」と呼び、優作は一躍時代の寵児に。快進撃はさらに続くかに思われた―オッサンの無謀なミッションが下るまでは。金とは、勝者とは、絆とは?感動の青春経済小説。

いいね! le_vanilla

    「拝金」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      自伝でもありフィクションでもある。
      ホリエモンが「おっさん」の助言通りに実行し会社を成功させ、そしてそこにどんな世界が待っているのか。
      中でも特に球団やTV局の買収を試みる場面。やりとりがリアルでおもしろい。そう言えばそういうことがあったなと。
      経営者として失格の部分もあるが、吸収できる部分もあるので世の中こんなものだと割り切って読んでみたら良いのではないかな。
      人間的には嫌いだけど志は受け入れられる。

      2015/12/03 by

      拝金」のレビュー

    • 評価: 3.0

      ほりえもんによるフィクション作品。フリーターが公園で鳩に餌をやるなぞのおっさんに出会うところからストーリーは始まる。おっさんのアドバイスに従いながら、携帯のゲームでブレイクし、あっという間に大手IT企業に成長する。「成功するなんて簡単だ。このまま、どこまで進んでいくのだろう。」と思った時に・・・。まるで、ほりえもんの自伝のようなストーリーだが、これはフィクション。おっさんのモデルとなった実在の人物はいないと、本人が言っている。
      異色なのは、成功した時に、どのような社交があるのか、どのような人がいるのか、あるいは、そのお金目当てに集まる女たちとどのように遊ぶのかなど、そんじゃそこらの人では経験の出来ない情景が描かれている。普通は、そういうことは隠してしまうため、一般の目には触れないんじゃないだろうか。そこを書いているところがこの本の面白いところ。
      全体的には、内容が薄く、「軽く読んで楽しい」という感じ。普段、本を読まない層にはクリティカルヒットし、よく本を読む層には、物足りないんじゃないかと思う。
      >> 続きを読む

      2011/03/01 by

      拝金」のレビュー

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ハイキン
    はいきん

    拝金 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本