こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

沙門空海唐の国にて鬼と宴す

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 700 円

宦官・高力士が、死の直前に安倍仲麻呂へ遺した手紙には、楊貴妃の出自にまつわる、さらなる驚愕の事実が記されていた。黄鶴、白龍、丹翁......さまざまな人の想いと呪いが交錯した果てに、いま、順宗皇帝は呪法によって瀕死の状態に陥っていた。呪法の正体を暴くよう依頼された空海は、逸勢や白楽天、大勢の楽士や料理人を率い、玄宗皇帝と楊貴妃ゆかりの地──驪山の華清宮へと向かった。中国伝奇小説の傑作、ついに完結。

いいね!

    「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      なんともすさまじいクライマックスだった。最後に残った謎と因縁が「宴」で明かされる。その因縁が近親相姦にまで至ると、人間の業の深さを感じてしまった。

      重苦しい惨事に終わった宴の後で、救いがあるとすれば、呪詛から解放された皇帝に命令されて空海が壁に書いた、豪快な書だろうか。

      文庫本で2000ページ以上に及ぶ壮大なスケールの物語のラストシーンに、丹翁の愉快な笑いが響く。楊貴妃がこよなく愛したというライチを食べたくなった。

      >> 続きを読む

      2017/08/30 by

      沙門空海唐の国にて鬼と宴す」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シャモンクウカイトウノクニニテオニトウタゲス
    しゃもんくうかいとうのくににておにとうたげす

    沙門空海唐の国にて鬼と宴す | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    蒼き信長 下巻

    最近チェックした本