こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

D列車でいこう

4.0 4.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 660 円

廃線が決定したローカル鉄道を救いたいと、退職した上に会社を創ってまで田舎町にやって来た三人組―才色兼備でMBA取得の女性ミュージシャン、良心的な融資を誇りにしてきた元銀行支店長、そして鉄道オタクのリタイア官僚。最初は戸惑っていた町民たちも、次々繰り出される彼らの奇抜な計画に、気づけばすっかり乗せられて。なぜか再建を渋る町長の重い腰は、果たして上がるのか。

いいね!

    「D列車でいこう」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      書店でこの本を見かけ、どんな内容の作品なのかなと気になっていたのが動機。話は地方の赤字鉄道会社をあの手この手を使って再建していくというビジネス小説。最初はちょっと読みづらかったが、会社再建の目途が立っていくにつれ話が面白くなる。いや、こんな風に楽しく仕事ができるならいいなと思う。やっていることはすごく困難だけど、色々アイディアを出し合って会社再建の道筋を建てていく過程が読んでいて面白かった。読んで面白かったので、この作者の他の作品があったら探して読んでいきたいと思う。

      2017/03/06 by

      D列車でいこう」のレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    Dレッシャデイコウ
    Dれっしゃでいこう

    D列車でいこう | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本

    阿川大樹の作品