こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

狩り蜂

うぽっぽ同心十手裁き
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 660 円

花を手向けた地蔵を抱きしめ、涙を流す粋筋らしい女と出会った勘兵衛。その数日後、女が勤めているという料亭に、ほとけが出た。勘兵衛の胸騒ぎと違い、死んだのは西条藩元留守居役傘寿祝いの接待役。盆の窪に針で刺したような小さな穴を見つけた検屍役の仁徳は殺しと睨むが、役人も藩士もみな首を横に振る。「心ノ臓が凍ってひっくり返り、勝手に死んだ」と、口を揃える連中に勘兵衛は...。

いいね!

    「狩り蜂」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    カリバチ ウポッポドウシンジッテサバキ
    かりばち うぽっぽどうしんじってさばき

    狩り蜂 - うぽっぽ同心十手裁き | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本