こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

エル・シオン (徳間文庫)

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 香月 日輪
定価: 713 円
いいね!

    「エル・シオン (徳間文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      『入手困難の名作、ついに登場!』の帯に煽られ買ったら…
      これって児童書なんだよね?
      読んでビックリ!!(;^◇^;)ゝ
      でも小中学生が読むのには凄くいい本だと思う。
      夢と希望と…
      仲間と一緒に困難に立ち向かうってのが定番というか超王道。



      残忍王ドオブレは封印された魔王の力が欲しく
      オルムランデ国を侵略…
      しかしその時は大主教セディールの抵抗にあい
      魔王の力を手にすることは出来なかった…。


      それから60年……

      義賊のバルキス(18歳)が偶然手に入れた"封じられた魔王"
      しかしその魔王の正体とは
      5~6歳の少年にしか見えない神霊のフップ
      子供の心に強大な力
      使い方を間違えれば恐ろしいことに…。


      魔王が復活したのを知ったドオブレがバルキスとフップを狙う
      フップがドオブルの手に渡ったどうなるか!!!Σ(ll||д゚ノ)ノ
      バルキスはフップと一緒に残虐王の手から逃れ
      また昔のようなオルムランデを取り戻そうと旅に出る。
      自分の夢や未来なと考えた事もなかったバルキスだか
      マグダレの狼たちと出会い、また様々な者と出会った時に
      自分のやるべき事を知り、それと同時に自分が無力な子供だと知る
      バルキスとフップの成長の物語。



      苦楽を共にしたバルキスとフップの別れは辛いモノがある(ノд-。)クスン
      しかし…それも一つの決断。




      夢はあるか?夢を見るか?。

      夢を持つのは大切な事
      夢に向かって、苦しいことを乗り越えることが喜びなのだ。
      夢にやぶれ、悲しむ事も必要なのだ。
      簡単に手に入るものじゃなく
      自分の力を振り絞れるもの。
      危ないことも、苦しいこともいとわず、
      夢中になれるもの。
      『夢を見るものは』とても幸せだ。------あとがきより。



      NHKの子供向けドラマになりそうな内容(笑)
      でもこうゆうのを読んだり観てもらいなぁ…。


      >> 続きを読む

      2015/08/23 by

      エル・シオン (徳間文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    エル・シオン (徳間文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本