こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

王朝綺羅星如ロマンセ

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 660 円

年が明ければ元服し、正式に皇族として『王』となる―。いよいよ迫る恋人・諸兄様との別離の予感に、身分の重さを嘆く千寿丸。千寿を巡る貴族達の勢力争いも、宮中への不信を増すばかり。そんなある日、従者のアシカビが右大臣邸で喧嘩沙汰に巻き込まれるという事件が発生!!悲憤に駆られた千寿は、ついにある決意を固めて...!?京を揺るがす恋と波乱の平安絵巻、ここに終幕。

いいね!

    「王朝綺羅星如ロマンセ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      親戚が置いてった親戚一押しのBL本。
      其の七・ラスト完結!!ヾ(≧▽≦)ノ 

      王朝ロマンセシリーズ外伝。


      時は平安。
      捨て子で稚児だった千寿丸は蔵人・藤原諸兄の家人から
      小舎人童になったが諸兄の恋人でもある。
      捨て子だと思われていた千寿丸は
      高貴な血を引いてるが訳ありのため出自は公然の秘密のはずが…
      公になり過ぎた出自と帝と東宮殿下の覚えもめでたく
      年が明ければ元服し正式に皇族の一員として『王』の名を…
      今まで恋人・諸兄専属の小舎人童として仕えていたのが
      身分が逆になってしまう
      それどころか一緒にいれるかも分からない…
      そんな中、千寿丸を巡っての貴族たちの勢力争いやらで
      精神的に千寿は不安な状態。

      そんなある日、右大臣藤原良房の宴に招かれ
      千寿丸と諸兄は従者にアシカビを伴って出かけたが
      アシカビは喧嘩沙汰に巻き込まれ犯人にされてしまう!!
      アシカビが(当時差別されていた)蝦夷の"日高見"出身という事が分かりますます窮地に…
      アシカビを助けようと動き出す千寿と仲間達
      しかし全ては自分の身に背負った厄星が凶運を引き寄せると悲観した千寿丸は
      世を儚んである行動を…
      そこにつけ込む怨霊となった曽祖父・早良親王

      千寿丸と京の町を救うべく
      諸兄とそのお仲間達やアシカビのご先祖様(アテルイの霊)など総出演!!


      よくここまで綺麗にまとめたなぁ~
      さすが秋月先生w(*゚o゚*)ってのが正直な感想。
      大団円でここに完結。


      時代背景がしっかりしてて平安時代の生活が垣間見える
      言葉使いも独特の言い回しも時代ならでは!(b^ー°)
      そこんとこが凄いと思う。




      ところで本当に在原業平が竹取物語の作者なの?「(ーヘー;)




      >> 続きを読む

      2015/06/30 by

      王朝綺羅星如ロマンセ」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    オウチョウキラボシノゴトキロマンセ
    おうちょうきらぼしのごときろまんせ

    王朝綺羅星如ロマンセ | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本