こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

鳥右ェ門諸国をめぐる

カテゴリー: 小説、物語
定価: 588 円

30歳で亡くなった新美南吉が死を強く意識しはじめた晩年の作品から3作を選びました。「小さい太郎の悲しみ」はひとりぼっちで兄弟のいない少年の孤独感を切々と描き、「貧乏な少年の話」は貧しさの中で悩みながら成長する長男の少年像を的確にとらえ、「鳥右ェ門諸国をめぐる」では武士としもべの“人間の正義”をめぐる葛藤を見事に表現していて、いずれも味わい深い秀作です。

いいね!

    「鳥右ェ門諸国をめぐる」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    トリエモンショコクオメグル
    とりえもんしょこくおめぐる

    鳥右ェ門諸国をめぐる | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本