こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

若さま侍捕物手帖

著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 714 円

桜の花の咲いた散ったが噂にのぼる春の昼下り。例によってだらだら酒の若さまのもとへ、お馴染みの小吉が、不可解な事件を持ち込んできた。ひと晩のうちに同じ人気役者が豪商の娘と芸者と別々に心中し、大量の血痕を残して姿を消したという。「さァて...」若さま、「どこから手をつけるか」『まぼろし力弥』ほか江戸情緒満開の全九篇。

いいね!

    「若さま侍捕物手帖」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ワカサマザムライトリモノテチョウ
    わかさまざむらいとりものてちょう

    若さま侍捕物手帖 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本