こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

天使の護衛 (RHブックス・プラス)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: ロバート クレイス
いいね!

    「天使の護衛 (RHブックス・プラス)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0


      ロバート・クレイスの「天使の護衛」は、奇を衒わない力強いストーリーが魅力のハードボイルド・タッチのミステリだ。

      大富豪の娘が交通事故の目撃証人として、連邦政府への協力を承諾するのが発端。
      娘が目撃した相手は、国際的な犯罪の容疑者であり、これが悪夢の始まりだった。

      FBIが用意した隠れ家は、ことごとく襲撃されて、彼女の命が危うい目に。
      そこで娘の身を案じた父親は、街一番の凄腕に警護を依頼したのだった。

      高慢なわがまま娘と無口なボディガードの男という設定は、昔から連綿と続く廃れないものであるだけに、やはり理屈抜きに面白い。

      最初は反発していた女性が、事態の推移とともに変化を見せ始め、同様に男のほうも何かしらの感情が生まれてくる。

      そういった男女の機微に加えて、破壊的な場面描写の連続で読ませる。
      これぞ、まさしく面白物語の典型だ。
      そしてまた、この事件の犯人も意外性があって、二重の意味で面白い。

      >> 続きを読む

      2019/02/12 by

      天使の護衛 (RHブックス・プラス)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    天使の護衛 (RHブックス・プラス) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本