こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

開発主義の構造と心性

戦後日本がダムでみた夢と現実
定価: 7,770 円

戦後日本は、なぜこれほど「開発的なもの」に依存する社会となったのか。佐久間ダムを事例に、開発主義を支えた心性やレジームの形成過程を、復興期ナショナリズムから「村の日常」、記録映画までを横断しながら描き出す。

いいね!

    「開発主義の構造と心性」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    カイハツシュギノコウゾウトシンセイ センゴニホンガダムデミタユメトゲンジツ
    かいはつしゅぎのこうぞうとしんせい せんごにほんがだむでみたゆめとげんじつ

    開発主義の構造と心性 - 戦後日本がダムでみた夢と現実 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本

    町村敬志の作品