こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

胡桃の中の世界 (河出文庫)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 澁澤 龍彦
定価: 842 円
いいね!

    「胡桃の中の世界 (河出文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      古本で買ったので表紙は古い版ですが、河出文庫のやつで読みました。
      種村季弘が好きなので、きっと澁澤龍彦も好きだろうと思って、ずっと読みたかったものです。ついに!面白かった!

      中世ヨーロッパの書物、特に博物誌をもとにいろんなことをつらつら語る随筆です。現代の常識と当時の常識のズレ、世界観の違いが、ファンタジックかつ禍々しい雰囲気を醸し出していて、とてもいい。宇宙卵の話は読んでいて怖くなってきて、いったん飛ばしてあとから戻りました。考え始めると深みにはまる恐ろしさがあって…

      どれも面白いのですが、個人的にもっとも興味を持ったのが「ユートピアとしての時計」です。時計ができてから時間ができた、というか、時の流れをメモリで区切ることで神の時間を人間が管理するようになった、というような話をしていて、非常に納得しました。考え始めるといろいろ広がっていって、実に楽しいので、あまり進まずにページを繰る手を止めて考え込むことしばしば、おかげでじわりじわりとしか読みすすまず、長く楽しめました。読み返してもきっと楽しいので、古本でも買ってよかった。 >> 続きを読む

      2017/02/17 by

      胡桃の中の世界 (河出文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    胡桃の中の世界 (河出文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    気になる科学 (中経の文庫)

    最近チェックした本