こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

うつくしい列島 (河出文庫 い 35-2)

著者: 池澤 夏樹
いいね! Tukiwami

    「うつくしい列島 (河出文庫 い 35-2)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 評価なし

             絶景に包まれた秋津島


       あたらしい年を迎えるたびに、ある焦りが心をよぎる。みずからの脚でまだほとんど日本地図を塗りつぶせていない。ある不安が浮かんでくる。いつまで健脚を保てるのだろうか。そしてある声が聞こえる気がした。
      「この景色をみないで死ぬなんて、もったいないなあ」
      その声の主は、履き古されたゴツいトレッキングシューズのつま先を、トントントントン日野の2㌧と忍び足する堤真一とリリー・フランキーではなくイケザワさんだった。

      ぼく 「でも、どこを巡ればいいか分からないよ」
      イケザワさん 「この本にザッとまとめておいた」
      ぼく 「ありがたいけど、アクセスの悪いところばっかりだね」
      イケザワさん 「それはほら、近場のスタバに行くんじゃないんだから、それ相応の覚悟をもたないと」

      ぼく 「やっぱりいいや。ぼくは筋トレをしないといけないし、文学の要諦をじぶんの言葉で再構築する仕事もある。プルーストに挑戦しなきゃ」
      イケザワさん 「……」
      ぼく 「あ、そういえば充電バイクで日本を含めた世界文学の旅をしてた途中だった。さっき森鴎外に頼んだら、コンプライアンス違反になる恐れがあるからと充電を断られたんだ。充電お願いできませんか?

      イケザワさん 「仕方ないなあ。しかしいつまでも道案内はゴメンだよ」
      ぼく 「分かってますって、それでは万葉集目指して出発進行」

       スイカ模様のヘルメットをかぶった二人は、時に逆らう旅路についた。


          ニッポン景勝地豆知識


      【伯耆大山】
       ホウキ雲の向こうに♪ 見つけた一粒の星は♪
       読み方は「ほうきだいせん」鳥取県にある標高1,729メートルの火山。ちなみに、伯耆とは鳥取県西部の旧国名。
       この山は二重人格らしい。北や南や東から見るとギザギザと険峻なのに、西側から見ればなだらかな美しい山容。伯耆富士や出雲富士と呼ばれるのはこの西側からの眺めのこと。このように、山容が富士山と似た各地の山を郷土富士として、○○富士と呼称する習わしがある。有名なのは青森の岩木山(津軽富士)。桜の名所らしいが、もちろん私は行ったことはない。
       
       
      【立山カルデラ】
       富山県は海の幸も豊富だが、イケザワさん曰く、つくづく川の県という印象をいだくほど川が多い。一級河川だけでも、小矢部川、庄川、神通川、常願寺川、黒部川。どれも急流だけれども常願寺川が別格。明治時代に来日したオランダ人の技師ヨハネス・デ・レーケが、「これは川じゃない、滝だ」と言った由。
       そもそも廃藩置県が施行された頃の富山は石川県の一部だったが、石川県が富山の治水の重要性を鑑みず、怒った富山が県として独立した経緯があった。知らなかった。土砂流出も悩みの種で、立山カルデラの内外には砂防ダムがあり、これらの砂防事業に感銘を受けた幸田文の文学碑もある。もちろん、私は行ったことはない。


      【三陸海岸】 
       ぼくには好きな地理用語がいくつかある。青いバナナ、モルワイデ図法、リアス式海岸。やっぱりリアス式海岸、このうつくしい響き。しかし現地の眺めはこの響きを上回るらしい。「まずはしばらく黙ってこの美しい風景を見よう」とはじまり、この入り組んだ地形が、日本の美をうまく象る背景が語られてゆく。
       そして震災の話。海の民にとっては理想の地と思われる、リアス式海岸の美しさと住みよさ、いつかは来る津波の恐ろしさ、この二つの間でわれわれはどうにか生きている。
       残念ながら私は行ったことがない。いつか行ってみたい。
      >> 続きを読む

      2019/01/05 by

      うつくしい列島 (河出文庫 い 35-2)」のレビュー

    • 弁護士Kさん

       返信遅くなってすみません。本を読む時間はあまりないのですが、思索に耽ける時間はやたらあるので色々と考えていました。

      〉というわけで、昨年は歌集をいくつか読みました。古今、新古今は昔読んだことがありましたが、その間の勅撰集を読んだのははじめてのこと。その中から、『後拾遺和歌集』をベストスリーの一つに挙げたいと思います。

       勅撰和歌集がベストスリーに挙がるとは驚きました(笑)。今さらながら、ぼくなんかが万葉集の案内をしたことを思い出してお恥ずかしい(笑)
       しかし何となく分かります。古典のなかにしか見出だせない安らぎがあるんですよね。最近、フォースターの「アレクサンドリア」を読み返しているのですが、フォースター自身も、ギボンやモンテーニュの著作とおなじような穏やかさで同時代の作品に向きあえないと洩らしていました。
       ところで、プルーストに毒されているせいか、当たり前のことを当たり前と認識し始めたのか不明ですが、やはり「時間」が、文学、いいや人生においても最も大切なものだと自分のなかではっきりしてきました。曖昧な記憶になりますが、中村真一郎が「現代文学入門」を発表したさい、河上徹太郎がこう指摘したんですよね。「いろいろと項目を立てて論じられているが、時間の項目はあるのに空間がないのが不思議だ」 ガストン・バシュラールなどが「空間の詩学」を論じるやいなや、20世紀の文学論は、「空間」をいかに表現するかみたいな節があって、それが都市文学の大きな土壌になった。もちろん時間を無下にしたわけではないけれども、やっぱり時間について考えるのは当たり前過ぎて、時間は空間に包摂されているようなもの(物理学や哲学の時間論で否定されているでしょうが)、というよりも、時間について思いを馳せても堂々巡りに陥るだけなんですよね。要するに切り口として、「空間」にスポットを当てるメリットが多々あった。
       しかし、やっぱり時間が、世界を構成するファクターの最上位にあって、それを人間のスケール、もっと絞り込んで文学まで引きつければ、「思い出すこと」、名詞化すれば思い出が、自分の文学観を見直していくのに重要な役割を果たす気がするのです。たとえば、Kさんが勅撰和歌集をベストスリーに挙げたことや和歌について考えていたら、横光利一の「春は馬車に乗って」のある一節をふと思い出し、急いで注文して読みました。
      「まア、じっとしてるんだ。それから、一生の仕事に、松の葉がどんなに美しく光るかって云う形容詞を、たった一つ考え出すのだね」

       
       これはまさに歌人の精神、詩人の心得のようなもので、そういうことを、一緒に外国に旅行したいと駄々をこねる肺病みの妻に言う。そしてこの短篇の素晴らしさ、夫婦で闘病に苦しむ様子がながい一日のように感じられ、最後にくる春の訪れ、別れに構成の美も見出だせる。横光利一の作品を読みたくなって、彩流社の「セレナード モダニズム幻想集」を買って読み返しました。取りとめもない殴り書きで着地点を見失いましたが、横光利一を思い出すことが多いので、ぼくにとって特別な作家なのだと思います。次点が夏目漱石、その次は泉鏡花かなあ。Kさんの特別な本、武田泰淳の「森と湖のまつり」も度々読み返したくなります。もう少し考えがまとまったらレヴューで持論を展開できるかなあ? 未完成なコメントで申し訳ありません。
       瀬戸内寂聴さんは、丸谷が「輝く日の宮」を刊行したとき、寂聴さんがその感想の手紙を寄せた縁で対談していたので関心はありました。やはり源氏のことを知悉してますし人生経験が豊富ですからね。「手毬」とても気になります。
       最後に万葉集のことで書き忘れたんですが、折口信夫の門下生である山本健吉の「詩の自覚の歴史」が、万葉時代の代表的歌人の総まとめのような本なので大岡信の本のあとに打ってつけかもしれません。
      >> 続きを読む

      2019/02/12 by 素頓狂

    •  素頓狂さん

      > 勅撰和歌集がベストスリーに挙がるとは驚きました(笑)。

       いや、これはやや背伸びのしすぎであったとわたしの方が後悔しています(^_^;)
       まあ、そういう気分にあるのだという程度にご理解くださいませ。

       しかし、やっぱり万葉集、ですね。
       大岡さんの『私の万葉集』、いま2巻まで読んで、3巻が届くのを待っているところです。とても面白くて、3巻が届くのが待ち遠しいのですが、その間に読みはじめたリービ英雄『英語で読む万葉集』がまたいい!

       天の海に 雲の波立ち 月の船 星の林に 漕ぎ隠る見ゆ

       On the sea of heaven
       the waves of clouds rise,
       and I can see
       the moon ship disappearing
       as it is rowed into the forest of stars.

       なんだか、Simon & Garfunkelの歌声が聞こえてきそうです。

      > 折口信夫の門下生である山本健吉の「詩の自覚の歴史」が、万葉時代の代表的歌人の総まとめのような本なので大岡信の本のあとに打ってつけかもしれません。

       これも是非読んでみたいと思います。

       では、わたしの方からもひとつお薦めを。
       石川九楊『万葉仮名でよむ「万葉集」』
       
       ぼくが、講談社学術文庫『万葉秀歌』全5巻を買い揃えたのはいまから約20年ほど前のことですが、その当時のぼくの興味は、歌集としての万葉集というよりも、歴史書としての万葉集にありました(基本的には古田武彦の多元的古代観に依っています)。だから、訓読で親しまれている形よりも、その歌がもともとどのような形で表記されていたのかに興味があり、訓読と万葉仮名と現代語訳がセットになっているこのシリーズを選んだのだったと思います。
       興味があるといってもごく表面的な話で、深く研究したわけでもなんでもありませんよ。
       昨年秋頃から、にわかに和歌に対する興味が募り、歌集としての万葉集の魅力に目ざめつつあるところなのですが、さまざまな論者がその歌について語るのを読み、ますますその魅力を感じるほどに、万葉仮名ではどう表記されているのだろうというところにぼくの心は戻っていくようです。

       天海丹 雲之波立 月船 星之林丹 榜隠所見

       さて、『万葉仮名でよむ「万葉集」』の著者である石川九楊は、書道家であって、国文学の専門家ということではなさそうです。言語学や記号論についてのわたしの浅薄な常識からすると突飛に感じられる部分も多々ありますし、そのような前提を抜きにして、論理的に筋が通っているかどうか首を傾げたくなるところもあります。
       しかし、一口に万葉仮名といっても、例えば、柿本人麻呂の「東野炎立所見而反見為者月西渡(東の野に陽炎の立つ見えてかえりみすれば月傾きぬ)」のようなほぼ漢詩体のもの(「天海丹…」もこれに近い)から、茅上娘子の「可敝里家流比登伎多礼里等伊比之可婆保等保登之尒吉君香登乎毛比弖(かへりける人きたれりと言ひしかばほとほと死にき君かと思ひて)」のようなほぼ一字一音仮字体のものまでの幅があるのであって、その歌においてなぜこの表記が選ばれているのかを、時代の推移の中で考察してはじめてその歌を理解できるのだという姿勢には、全面的に共感できます。

       本来であれば、もう少し、このような観点からの議論があっていいのではないかと思うのですが、私の知る範囲、目の届く範囲には見つからないのですよね。

       というわけで、ちょっと読んでみる価値のある本ではないかと思っている次第です。

      > プルーストに毒されているせいか、当たり前のことを当たり前と認識し始めたのか不明ですが、やはり「時間」が、文学、いいや人生においても最も大切なものだと自分のなかではっきりしてきました。

       このあたりをよみながら、ヴァージニア・ウルフの『灯台へ』を読みかえしてみたいと、漠然と思いました。実は、あまり記憶していないんですが、なにか関係ありそうでしょうか。
       なかなかプルーストを読みかえそうとは思わないんですよね。でも、わかりませんね。昨年の前半には、まさか万葉集にはまるとは思ってませんでしたからね。

       

       
       
      >> 続きを読む

      2019/02/16 by 弁護士K


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    うつくしい列島 (河出文庫 い 35-2) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本