こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

リ-ジョナリズムの国際政治経済学

著者:
カテゴリー: 外交、国際問題
定価: 3,360 円

経済のグローバル化、情報化社会の世界化が、国の制度、政策両面で未曽有のインパクトを与えつつある。とりわけ国民国家の相対化が激しく、集権的な国家構造を支えてきた政治・行政システムの制度上のゆらぎと同時に、政策決定システム、利益配分システムのゆらぎと、システムを動かしてきた近代的政治装置である官僚制、政党システムの動揺をも引き起こしつつある。近年の日本で顕著に見られるように、規制緩和、地方分権化、行政改革、政治改革等々の一連の国政改革指向に加えて、金融、通商・外交、防衛、福祉政策の転換、政策転換や新政策の促進、あるいは政策リンケージの変化は、冷戦終結後の世界史的変動に適応しようとする先進工業諸国の国内政治経済変革の一典型と言うことができよう。

いいね!

    「リ-ジョナリズムの国際政治経済学」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    リ-ジョナリズムノコクサイセイジケイザイガク
    り-じょなりずむのこくさいせいじけいざいがく

    リ-ジョナリズムの国際政治経済学 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    中野実の作品