こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ダムと鉄道

一大事業の裏側にいつも列車が走っていた
カテゴリー: 河海工学、河川工学
定価: 840 円

日本列島にはダムを建設するために造られた鉄道が多数ある。人気の観光路線として知られる黒部峡谷鉄道は黒部川水系の発電所工事のために施設されたものであるし、JR只見線の会津川口~只見間は田子倉ダム建設のために、また、大井川鐵道井川線のアプト式区間は長島ダムとのかかわりの中で誕生した。本書は、日本におけるダムと鉄道の密接な関係を、写真や建設資料とともに紹介する異色の現地レポートである。

いいね!

    「ダムと鉄道」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ダムトテツドウ イチダイジギョウノウラガワニイツモレッシャガハシッテイタ
    だむとてつどう いちだいじぎょうのうらがわにいつもれっしゃがはしっていた

    ダムと鉄道 - 一大事業の裏側にいつも列車が走っていた | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本