こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

吉野家!

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 商業経営、商店
定価: 550 円

「牛丼」といえば「吉野家」。経営難で一度は倒産したものの、根強いファンに支えられ復活。チェーン店展開を敢行してからは、47都道府県すべてに店舗を構え、日本全国に知らない人はいないであろうという人気を誇る。2001年には250円セールを行ない、7日で1万食を売り上げ、狂牛病が騒がれてからも、経営手腕によりその売り上げは上がる一方だ。その歴史から復興の秘密、美味しさの秘密やサービスの真髄まで、吉野家の魅力に余すところなく迫る一冊。

いいね!

    「吉野家!」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      吉野家の歴史分析&ファン向けデータベース。

      B級グルメにカテゴライズされそうな吉牛を丸裸にする意気込みを感じる。

      企業論として、経済論として、そして吉野家ファン向けのデータベースとして楽しめる。

      倒産から一部上場までの奇跡的とも言える復活劇。それを支えた人材育成への投資。
      狂牛病ショックから、唯一の商品である牛肉を仕入れられなくなった逆境。
      大きなドラマに彩られた吉野家という企業の栄枯盛衰は、感動さえも呼び起こす。

      他の外食業者に先駆けて注目したショートプレート。
      利益確保のために向かった、フリーズドライ牛肉や粉末たれ。
      企業再生時に取られた代替手段。経済的な面へフォーカスした部分も読み応えがある。

      また、ファンサイト的な面でも楽しめるものが多い。
      例として、幾つかを上げておく。

      ・吉野家のバイトの賄いは何なのか?
      ・つゆだく/ねぎだくなど、特殊オーダーの種類
      ・昼間と深夜のバイトの相違点
      ・バイトの階級制度
      ・特殊店舗案内
      ・海外での吉野家

      大衆に支持される牛丼は、既に文化ではなかろうか。
      >> 続きを読む

      2011/09/28 by

      吉野家!」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ヨシノヤ
    よしのや

    吉野家! | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本