こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

オレンジいろのペンギン

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 漫画、挿絵、童画
定価: 1,470 円
いいね!

    「オレンジいろのペンギン」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      オレンジいろだって、たまごはたまご。
      オレンジいろだって、ペンギンはペンギン。

      このおはなしは、ジェイムズという ちょっぴりかわった ペンギンの この おはなしです。

      なんといっても葉祥明さんの絵の美しさには見惚れます。ためいきがでます。
      ペンギンの子のジェイムズ。かわいすぎです。

      彼の絵本はどれも素晴らしい絵本ばかりですが、
      この絵本は特にほのぼのあったかい気持ちになれます。

      ジェイムズは全身がオレンジ色で生まれてきましたが、
      おとうさん、おかあさんは 「ほかのこたちと かわりはない!」と
      たいせつに かわいがって そだてました。


      寓話といえる内容でもありお話しとしても完璧ですが、
      この絵本は、心のバリアフリーということも教えてくれています。

      また、コウテイペンギンの南極での子育てについてもきちんと描かれている点もいいです。

      こうていペンギンは、夏の終わりにたまごをひとつ産むこと。
      おとうさんペンギンが二月以上も足のあいだ(上)でたまごを温めること。
      おかあさんペンギンが留守の間にひなが孵ること。
      おかあさんペンギンが海から帰ってくるとようやく子育てをバトンタッチして
      こんどはとうさんペンギンたちが海へと「旅行にでかける」こと。
      それまでは、お父さんは一切の餌を食べないこと。
      こどもは酷寒の冬を乗り切らないと成鳥になれないこと。

      自然の厳しさと動物の真剣に生きる姿勢が心を打ちます。


      オレンジ色は太陽の色。

      クールな氷と海の世界にほんのりともったあたたかな色。

      例えばあなたの心が萎えているときに、この絵本に癒されるかもしれません。


      英語の文章も併記されているので、外国の方への贈り物にもできますね。
      きれいな英語なので、英語の勉強にもなりますよ。(^^)

      But orange or not, an egg's an egg.
      But orange or not, a penguin's a penguin.

      詩のようなリズムを感じますね。

      そして 裏表紙にかかれている一言。
           you are the special one. 

      That's really true!!
      >> 続きを読む

      2013/10/11 by

      オレンジいろのペンギン」のレビュー

    • Shimadaさん
      オレンジ色ってこんなに暖かい色だったかしら。
      この絵本でそう感じられることと思います。 >> 続きを読む

      2013/10/13 by 月うさぎ

    • カカオさん
      「個性を慈しむ」!いい言葉ですね!
      個性は「主張」するのでなく、尊重したいですね。お互いに。 >> 続きを読む

      2013/10/13 by 月うさぎ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    オレンジイロノペンギン
    おれんじいろのぺんぎん

    オレンジいろのペンギン | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    ダンデライオン

    最近チェックした本