こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

「事務ミス」をナメるな!

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 経営管理
定価: 777 円

現代は「うっかり」が通用しない社会である。コンピューターと通信技術の進歩が諸刃の剣となり、間違える時もボタン一つで一瞬のうちに大損害を出せるようになってしまった。事務作業者には、今までと比較にならないほど高い信頼性が厳しく求められている。そもそも工業系の会社は、事故防止の努力を長年続けており、知識と経験を積んでいるのだが、それに比べれば文系の会社の方はミスへの免疫が弱い傾向にある。本書では、新しい視点から「事務ミス」を分析しなおし、ミスや事故が絶えない会社を「ミスに強い組織」に変える具体策を提示する。人はなぜミスをし続けるのか、ミスを防ぐ上で注目すべき力とは何か、さらに、事務ミスを防ぐポイントとして、「手順」や「書式レイアウト」「報告」「通達」「マニュアル」等をどう見直すか、などを、具体例をあげながら紹介する。

いいね!

    「「事務ミス」をナメるな!」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      ・事務ミスは多角的にとらえることが必要。特定の問題が解決できても別の問題が生み出されない保証はない。

      ・事務ミスの6つの解決策について
      ①廃止・規格化・標準化
      ②手順の改良
      ③道具装置の改良
      ④やり直しのチャンスを作る
      ⑤致命傷にならないようにする
      ⑥ミスを逆手に取る

      ・事務ミスを防ぐ三種の力
      ①異常検知力(最も大事)
      ②トレーサビリティ(ミスが発生した際に活きる)
      ③作業確実実行力(最もあてにならない)

      ・その他、事務ミスの例や人間が間違えをするメカニズムなどが取り上げられており、参考になった。
      >> 続きを読む

      2018/04/30 by

      「事務ミス」をナメるな!」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ジムミスオナメルナ
    じむみすおなめるな

    「事務ミス」をナメるな! | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    さくらんぼの性は (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

    最近チェックした本