こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

親は子のために死ぬべし

カテゴリー: 評論、エッセイ、随筆
定価: 460 円

人は必ず老いを迎える。年をとり、体が衰え、呆け、そして死ぬ。だが、果たして、そのことを悲観する必要があるのだろうか?―子として親の老いと死を経験し、自らも子を持つ親として老年に達した著者が考える“生き方と死に方”。上手な年のとり方とは?やがて来る死への心構えとは?人生の終章を見つめ直す名エッセイ、待望の文庫化。

いいね!

    「親は子のために死ぬべし」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    オヤワコノタメニシヌベシ
    おやわこのためにしぬべし

    親は子のために死ぬべし | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本