こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

超特急燕号誘拐事件 (光文社文庫)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 辻 真先
定価: 514 円
いいね!

    「超特急燕号誘拐事件 (光文社文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      「あとがき」で著者の辻真先先生が
      「ぼくは戦前からのベテランというより古手の鉄道ファン」
      と宣言して、鉄道趣味に関して熱く語っておられます。
      「鉄道ミステリーの極北は列車消失にあるというのはぼくの勝手な思い込みだが」
      と、幾つかタイトルや作家の固有名を挙げられています(分かりますか?私は分かりません)。
       実は辻先生も『ニッポン絶体絶命』では碓氷峠で、『幻の流氷特急殺人事件』では湧網線で、べつべつのトリックで列車を消している、どちらの線も廃線になった、と回想されています。
       何と辻先生の仕事場は、本作品で燕号が消えた丹那トンネルの真上にあるそうです。
          
       本書で描かれる事件は、超特急燕号の先頭機関車と最後尾の一等客室が消失することと、列車内で発生した二件の殺人事件。
       背景には、東海道本線を電化するか、非電化のまま石炭で走らせるか、という“鉄道電化論争”があります。
       食堂車でお互いの論客が激論を交わすシーンが見どころです。
       陸軍は、来たるべきアメリカとの戦争を想定して、鉄道電化に反対しています。
       電化して架線が必要になると、砲撃や爆撃で使えなくなるから、ということです。
       なかなか興味深い論争ですが、検索しても、歴史的にそのような論争があったという記述を見つけることはできませんでした。この辺、辻先生の創作でしょうか?
       とはいえ、2015年の現在から見ると、戦争や災害に弱いから鉄道電化に反対する、という意見は、なかなか筋が通っているように思えます。
       それにしても、原子力発電を動かしながらテロリストと戦おうとしている人物の下で独裁体制に向かっている日本の現状は大丈夫か、本書で描かれた昭和10年から日本は全く変わっていないのではないか、いやむしろ、劣化しているのではないかと思うのであります。
         http://sfkid.seesaa.net/article/413784201.html
      >> 続きを読む

      2015/02/10 by

      超特急燕号誘拐事件 (光文社文庫)」のレビュー

    • 鉄道ファンの著者さんだからこその作品という感じですね。しかも原子力とか出てくると色々考えちゃいますよね。 >> 続きを読む

      2015/02/10 by sunflower

    • >sunflower 様
       辻先生の鉄道趣味は筋金入りで、路面電車まで扱っています
       日本各地が舞台なので、旅行する代わりに読んでいこうかと思っています。
       本書には原子力は出てきませんが、鉄道電化論争を原子力論争に置き換えると、今日的意義があるかと思います。
      >> 続きを読む

      2015/02/14 by 荒馬紹介


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    超特急燕号誘拐事件 (光文社文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    墨いろ

    最近チェックした本