こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ストロベリーナイト

3.5 3.5 (レビュー6件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 700 円

溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された。警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに気づく。捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」が意味するものは?クセ者揃いの刑事たちとともに悪戦苦闘の末、辿り着いたのは、あまりにも衝撃的な事実だった。人気シリーズ、待望の文庫化始動。

いいね! rock-man

    「ストロベリーナイト」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      ネタバレがあります。
      「ストロベリーナイト」、原作を読んでいなかったので、読みました。
      次の展開はどうなる、どうなる…?とページを捲る手が追いつかない程、決して後味が良いとは言えませんし、黒幕が弱い(もっと警察のトップだと思っていました)のですが、冒頭の虐待描写から既に目を背けず、読んでいくと、もしかして犯人のエフは…?と少し推理しました。
      そして、姫川さんをはじめとする登場人物も個性的。
      ライバルであるガンテツも、憎めないというのか、憎みきれないライバルです。
      そして姫川さんの過去、エフの過去、ともに悲惨なもので、エフの過去に至っては、残酷すぎるほど、それが後に過去に仲間を守れなかったエフが、姫川さんを誤認するシーンも悲しく、全体的に鬱ですが、読んで損はないと思います。
      ややグロテスクな描写が多いですが、「ストロベリーナイト」というタイトルまで回収して、素晴らしいです。
      解説の書店員さんの興奮も、納得が出来ます。
      救いのない作品ですが、私にとっては忘れられない、そんな一冊です。
      素晴らしい作品でした。
      >> 続きを読む

      2018/06/06 by

      ストロベリーナイト」のレビュー

    • 評価: 5.0

      思わず物語に引き込まれる冒頭、強がりで感情的で惹かれる人間も嫌う人間もいるという人間らしいヒロイン、なんとも言えない美しさと醜さを併せ持つ犯人、悲しさと不気味さと重苦しさと一抹の希望が感じられるラスト。さすがはヒロインが萌えキャラでないにも関わらずドラマ化映画化したミステリー小説なだけあると感心しながら読んだ。ただラストで犯人が姫川玲子を助けた理由が「昔好きだった少女に似ていたから」というあたりは都合が良すぎるような気がした。

      2017/03/12 by

      ストロベリーナイト」のレビュー

    • 評価: 4.0

      一人ひとりのキャラが実におもしろい。まさか北見と由香里が犯人とは!ヒットする理由がわかります。次作を早く読みたい!

      2016/03/17 by

      ストロベリーナイト」のレビュー

    • 評価: 3.0

      【残虐性は薄い。女性刑事の魅力で保たせた作品】
       殺害方法の残虐さに期待して購入。
       しかし、残虐な表現は希薄。主人公の女性刑事の過去やトラウマにスポットが当てられた展開だった。犯人像もいまいち共感しにくく、なんだか拍子抜け。悪い意味ではないが、思っていたのと違う作品だった。
       主人公は、好感が持てるキャラで良い。後日ドラマ化した際、竹内結子が演じた。

      2015/04/05 by

      ストロベリーナイト」のレビュー

    • 読もうと思いつつずっと積読本になってます。
      かなりシリーズで出てますよね。

      2015/04/05 by ただひこ

    • >ただひこさん
      主人公がとても魅力的なので、ハマる人はハマりそうです。
      シリーズは私も読んだことないんですよ。読もうかな。 >> 続きを読む

      2015/04/06 by かやっこ

    • 評価: 4.0

      再読。ちょっぴりグロ注意ですが、分かりやすい設定のキャラ、先の気になる展開とページを捲らせる推進力が半端ではないので、この先何かヤバそう、だけど読んじゃう、的な感じで引っ張られていきました。
      面白いです。
      29歳の玲子さんは、先日読んだ35歳の某瑛子さんに比べるとまだまだ小娘という感じですが、突っ走って危なっかしい所は似ている部分も有り、ハラハラさせてくれます。
      難を言えばオチの部分かと。多少の驚きはありましたが、これだけの過程からこのラストでは物足りなさも感じました。
      井岡が好きな僕は、彼の活躍を期待しつつ次へ。 >> 続きを読む

      2014/03/01 by

      ストロベリーナイト」のレビュー

    もっとみる

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ストロベリーナイト
    すとろべりーないと

    ストロベリーナイト | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本