こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

亥ノ子の誘拐(かどわかし)

塙保己一推理帖
カテゴリー: 小説、物語
定価: 620 円

初冬の浅草で、吉原の大店の一粒種が誘拐され、二日後には大川端で哀れな骸となって見つかった。だが、犯人はどうやら別の子と間違えて連れ去ったらしい。この誘拐劇が、吉原独自の風習である亥ノ子の祝い日に起きたのはなぜか。苦界に生きる女の情念の炎を描く表題作のほか、享和二年の江戸を舞台に、盲目の大学者・塙保己一の推理が冴える時代ミステリーの傑作。

いいね!

    「亥ノ子の誘拐(かどわかし)」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    イノコノカドワカシ ハナワホキイチスイリチョウ
    いのこのかどわかし はなわほきいちすいりちょう

    亥ノ子の誘拐(かどわかし) - 塙保己一推理帖 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本