こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

能面検事

3.0 3.0 (レビュー2件)
著者: 中山七里
いいね!

    「能面検事」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      表情変えない人としゃべるのはつらい。感情を顔に出さないとはいえ、気持ちはどうなのだろうか。

      2019/04/21 by

      能面検事」のレビュー

    • 評価: 3.0

      感情を出さない、表情を全く変えないそんな能面検事の事務官に就いた美晴。
      大阪府警の捜査資料紛失を暴いたうえに、誤認逮捕を明らかにしたことで府警全体を敵に回してしまう。
      しかし、そんな戦略も検事には目算があったのだが、その検事が凶弾に倒れてしまう。
      さて、誤認逮捕事件の真犯人は誰なのか?
      読み始めは短編かと思っていたが、最初の事件からずっとつながっていたのが見抜けなかった。
      さすが、ミステリの旗手、中山七里先生!

      2018/09/02 by

      能面検事」のレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    能面検事 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    昭和元禄落語心中(6) (KCx(ITAN))

    最近チェックした本